ドラッグ・ラグってご存知ですか?

私のブログをご覧いただいて、「励みになりました。」とおっしゃっていただけることがあると、とても嬉しいですし、自分の経験や存在そのものが、誰かのお役に立てていると感じることができて、「嬉しい」という言葉では表現しきれない喜びを感じます。

 

そんな私にも、逆に、励みにさせていただいているブログがあります。
その中の1つが、尊敬申し上げている小倉恒子先生のブログです。
  「Will-乳がんとたたかう女医・小倉恒子の日記

 

1987年(今から22年前)に乳癌を患い、その後再発・再々発されて、治療をなさりながらも、ずっと耳鼻咽喉科の医師としてお仕事を続けられている先生です。
医師のお仕事以外にも、乳がん患者の電話相談や講演などのボランティア活動も精力的に行っておられます。

 

昨年までは、ご趣味のダンスも続けてこられていて、病気と共存しながら、治療と仕事を両立されている素敵な方です。

 

残念ながら、直接お目にかかったことはないので、お声を聞いたことはないのですが、でもなんとなく、そのお声や話し方までイメージできてしまいそうなぐらい、ご自身のブログに、その時々のお気持ちや出来事などを綴られており、

私は、自分が二度目の癌にかかったとき以来、ずっと、小倉先生のブログを拝見し、病気から逃げないこと、やりたいことは実行すること、勇気などいろんなものを頂戴して、自分の気持ちを奮い立たせてきました。

 
 

その小倉恒子先生が、常々、世の中に訴えておられた問題が
『ドラッグ・ラグ』の問題です。

 

わたしは医療の専門家ではないので、詳しいことを正確に書くことはできないのですが、

ドラッグ・ラグとは・・・
海外では使えている新薬が、日本では、使用の承認に時間かかっていて使えないでいること。

  Drug= 薬
  Lag= 遅れ、時間のずれ

 

ドラッグ・ラグというカタカナ言葉に聞きなじみがなく、分かりにくいかもしれませんが、
米国やヨーロッパだけでなく、お隣の韓国でさえも保険適用で使える薬が、日本では使えないという例がたくさんあるのだそうです。

 

自分や家族が癌にかかったり、がんが再発した場合のことを想像してみてください。

 

がんと向き合い積極的な治療をしていく意欲があり、
この世の中に試せる薬があると分かっているのに、
日本の組織や政策上の問題で、その薬が使えないという状況を、どう思われますか?

 

私たち一人一人の力は小さいけれど、
まずは、こういう問題があると知って意識することをしてみませんか。

 

ドラッグ・ラグ問題について書かれている記事がいくつかありました。
ぜひ、一度、ご覧になってください。

●ウィキペディア 「ドラッグ・ラグ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%B0

 

●日本テレビ 「ACTION 日本を動かすプロジェクト| テーマ8 ドラッグ・ラグ」
http://www1.ntv.co.jp/action/theme/08/

 

●第2日本テレビ 「ドラッグ・ラグ 卵巣がん と ワクチンギャップ」
http://www.dai2ntv.jp/news/druglag/

 

●JanJan 「新薬使えず命を見捨てるドラッグ・ラグ」
http://www.news.janjan.jp/living/0903/0903189624/1.php

 

●日経ビジネスオンライン 「世界の良薬、日本に届かず」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20070315/121116/
(日経の記事を読むのには会員登録が必要な場合があります)

 

●日経メディカルオンライン 「ドラッグラグは本当になくなるのか?」
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/opinion/mric/200908/512050.html
(日経の記事を読むのには会員登録が必要な場合があります)

 
 

—————————————–

話は変わって、わたしの近況。

とっても元気に、遊びに仕事に、楽しくがんばれています。
ありがたいことです。

特に今月に入ってからは、
これから始めるネット通販事業の準備をがんばっていて、
抗がん剤治療で脱毛したときに室内でかぶるキャップを
オリジナルで作るチャレンジをしています。

楽しくワークできているのですが、
身体は正直で、ちょっと頑張りすぎると疲れますね。

身体が疲れたときは、私はすっごくお肉が食べたくなるので、
そういうときには、豚肉の生姜焼き。

20090916_buta

豚肉の生姜焼きに カラフル野菜を添えて。
玄米ごはんに唐辛子のふりかけをかけて。
エネルギーチャージ

 

 


  ランキング参加してみました。よろしければクリック協力お願いします。

   クリック→ がん・腫瘍
   クリック→ 女性・婦人科の病気
   クリック→ 人気ブログランキング

「ドラッグ・ラグってご存知ですか?」への21件のフィードバック

  1. 由佳さん、こんばんわ~~毎度リンリンです(*^^)v
    私も、小倉恒子先生の本は何冊か購入して拝読しています。私も、直接お会いしたことや、お話ししたことは、ないのですが、先生のブログを見たり、テレビなんかでも先生の事、放送されたりして、再発転移を繰り返されても、綺麗にお化粧をほどこし、ウィッグで脱毛された頭を綺麗にされ、診察されていらっしゃいますよね。
    ずっと、ソシアルダンスも続けておられましたしね~。先生のバイタリティには、本当に脱帽します(^_-)-☆
    由佳さんは、抗がん剤で脱毛した人の為の帽子をネット通販する事業を計画中なのですね…。普通のお店に行っても、ファッション性重視の帽子ばかりで、私も家にいてる時は、困りました。今は、そこまでではないですが、去年の今頃、抗がん剤中の時、寝る時も頭が寒かったし、髪の毛がないって事は、こんなに頭が寒いものかと、初めて「禿頭のおじ様達」の気持ちを知ることが出来ました^_^;
    私は、自分では買いに行けなかったので、ユニクロなんかで適当に帽子を買ってきて貰い、ずっと家で被っていました~。なので、抗がん剤中に、やっぱりおしゃれもしたいし、頭にチクチク感とかがなく、気持ち良く被れるような帽子が通販であればな~~と良く思ったものです。
    由佳さんなら、脱毛体験者なので、患者さんの気持ちや、生地はどんなものが良いかとか、良くわかっていらっしゃると思います。(ファッション的にはツバがあったりするのは可愛いけど、自宅で被るのには不要ですし、寝る時も邪魔ですしね~)
    由佳さんは、お仕事に対しても、やりがいや生き甲斐として、しっかりした考えをお持ちだから、きっと新事業は成功されると思いますよ~~。やっぱり、経験した者しかわからない事って、たくさんありますよね!
    今日の夕飯もカラフルですね~~。豚の生姜焼き美味しそうです。お野菜も(~o~)
    私も、実家の親に勧められて、唐辛子のふりかけ食べてます~。癌は特に身体を温める方が良いし、新陳代謝が良くなるとかで、食べなさいと…。私も、唐辛子辛いのは、わりと平気なんです~~(^.^)キムチも好きですしね~。特に酸っぱくなったのが(*^_^*)
    でも、あれをかけたらついついご飯を、おかわりしちゃいそうで、気をつけないとアカンですね~~^_^;

  2. ながさかさん
    私はながさかさんのブログで元気が出ています。元気/勇気をいただいています!
    で、いつもズレたコメントで恐縮なのですが…
    キウイを縦に切る人、初めて見た!(笑)
    斬新!!

  3. 長坂さん、こんにちは。お久しぶりです。
    私はEC1回目を2週間前に投与。現在はかなり元気です。
    ドラッグ・ラグについて。
    トリプルネガティブ乳がん(先日、長坂さんもホルモン治療できるのは「トリプルよりはまし」って書いてらっしゃいましたね)という
    海外でエビデンスを得ている新薬が日本で認可されていない病理を持つ私にとっては人ごとではありませんでした。
    (当初は、ですよ~)
    現在は、自分の治療については納得していますので、混乱はありません。
    日本という国の(未成熟さ)のせいなのか、この「医療後進国」であることのツケは、確実に患者にまわってきますね。
    (薬害エイズとか)
    医療関係者個々は十分な努力をされているのに、それが「組織」になると「個人益」を有効にする【しくみ】がうまく機能しない、または【しくみ】を作るのがヘタなんでしょうか?
    ああ、「全体主義」みたいな話になりそうですね。
    長坂さんのページは本当にためになりますーーー。
    「唐辛子ふりかけ」おいしそ♪

  4. ●りんりんさん
    まいど!まいど♪長坂です。
    ありがとうございます!
    小倉恒子先生のこと、りんりんさんもよーくご存知だったんですね。
    嬉しいです!
    >ずっと、ソシアルダンスも続けておられましたしね~。
    >先生のバイタリティには、本当に脱帽します(^_-)-☆
    ほんと、ほんとーに脱帽、凄いですよね。
    ああいう方がいてくださると、病気と共存しながらでも
    自分らしく生きていくことって出来るんだなって、勇気づけられますよね。
    脱毛したときのこと
    >髪の毛がないって事は、こんなに頭が寒いものかと、
    >初めて「禿頭のおじ様達」の気持ちを知ることが出来ました^_^;
    私も、まったく同じように思いました。(^^)
    よく風邪ひかないなーと感心したものです。
    脱毛したときに室内でかぶる帽子ができつつあります。
    できればね、いま脱毛されている患者さんに
    一度使ってみて感想をいただきたいなぁと思っているのですが、
    そういうモニターみたいなこと、協力してくださる患者さんって
    いると思いますぅ?りんりんさん、どう思うぅ?

  5. ●一朗さん
    こんにちは!長坂です。
    コメント、ありがとうございます!嬉しいです!
    独立後のお仕事、がんがん頑張っておられるようですね。
    行政機関での専門家登録、講演など、ますますがんばってくださいね。
    私のネットショップがオープンしたら、
    ホームページ診断していただこうかなー。(^^)
    >キウイを縦に切る人、初めて見た!(笑)
    >斬新!!
    え??縦??
    ほんとだーーー
    全然気にしてなかったーーー。^^
    じゃあ、今度は横に切ってみるぅ。

  6. ●かれんさん
    こんにちは!長坂です。
    >私はEC1回目を2週間前に投与。現在はかなり元気です。
    次の投与に備えての回復期間ですね。
    次までの1週間、気持ちだけでもリフレッシュできるといいですね。
    ブログ「明日のあなたへ」 拝見してます。
    そろそろ脱毛が始まりつつあるところですね。
    私は、ツルツルに抜けきってしまったら、
    それなりに開き直ったのですが、
    脱毛の途中がねぇ、
    覚悟しててもイヤなものはイヤで、
    いつまでもぼやいていました。^_^;
    ドラッグ・ラグの問題
    >医療関係者個々は十分な努力をされているのに、それが「組織」になると
    >「個人益」を有効にする【しくみ】がうまく機能しない、または【しくみ】
    >を作るのがヘタなんでしょうか?
    >ああ、「全体主義」みたいな話になりそうですね。
    ほんとにね、ややこしい問題ですね。
    わたしの周りの医療関係者も、ほんとーにみんな一生懸命な方ばかりだし、
    中央省庁に勤務している友人も、とても真摯な人なのに、
    何が、どうなって、こういうことになるのでしょうかね。
    がん転移経験のある知人が、凄いこと言ってました。
    「医師は全員、一度、がんに罹ってみるといい。
     厚生労働省の役人も、厚生労働大臣も、一度、がんに罹ってみるといい。
     または、がんに罹ったことのある人だけが、がん対策に従事できるような
     そんなことができたら、一発で、日本のがん対策は激変する。」と。
     
    誤解を招く、やや暴言に近い発言ですが、
    患者にとっては、それだけ切実な問題ってことですよね。
    一日でも早く解決してもらいたいと願ってます。

  7. 由佳さん、毎度です~~♪♪
    モニターさん、きっとたくさん希望者いらっしゃると思いますよ~~。私だったら、参加したいですもん。結構、長い期間、髪の毛が抜けるので、家でも外でも絶対に帽子は必需品ですもん~。
    どんな時期に抗がん剤を打っても、必ず抜けてる期間や生え始めるまで、寒い季節がやってくるし、夏なら、蒸れなく心地よい素材のが欲しいですしね~~。
    カツラほど高くないにしても、結構帽子もいくつか持ってる人いらっしゃいますよね。それだけ、(抜けてる間だけだとわかっていても)、自分に しっくりくる帽子を探し求めたかったり、女性ですから、幾つかやっぱり欲しいものですよ~。
    私も、綿素材のものを洗い替えで2つ、冬場は寒いので、フリース素材のものを2つ、合計4つも持っていますから。(実際に髪の毛が抜けた経験のない人から、もらった帽子は、毛糸とかで、頭にチクチク感があり、被れななかったですしね~~)なので、そんな人対象にしたモニターさんを募集していたら、きっと応募していたと思います。でも、個人情報の面で、モニターしたいけど、抗がん剤中で髪の毛が抜けている事がバレないか?とか心配される方はいるでしょうけどね…。
    でも、こうやって、乳癌になり、実際抗がん剤を体験された由佳さんが、「患者さんにとって心地よい帽子」としてのモニターさんを募ったら、やっぱり私なら、応募しますよ~~(*^^)v
    乳癌だけではなく、他の癌でも、抗がん剤を現在されていて髪の毛が抜けている方や、エンドレスで治療をしないといけない方や、たくさんいらっしゃると思うんですよね~。
    私は、由佳さんの提案には本当に大賛成なんだけどなぁ~~と思いますよっ♪

  8. ★りんりんさん
    まいど!!長坂です。
    連休中なのに、早速のコメント、ありがとうございます。
    すっかり相談にのってもらっちゃったみたいで、すいません。
    ありがとうございます!嬉しいです。
    りんりんさんのコメントを読んで
    帽子を必要とする理由も、
    どんな帽子が最適だと思っているかも、
    やっぱり、経験者は同じように感じているんだと分かりました。
    個人情報などの点での心配ごとも
    確かにそうですね。とっても参考になるご意見をいただきました。
    相談してみて、よかったーー。
    よーーし、りんりんさんが賛成してくれたってことは、
    同じように思って下さる方が他にもいらっしゃると推測して
    ダメ元で、モニター募集してみます!
    ニーズの概要は同じようなものでも、
    人によって、かぶり心地や、最適なサイズや
    希望する仕様が違うと思うので、いろんなご意見をうかがう
    モニター募集をしてみます。
    個人情報の点に最大の注意をはらって、やってみます!
    りんりんさん、ありがとう!!
    これからもアドバイスください。よろしくお願いいたします。

  9. 長坂 さま
    こんにちは
    小倉先生は
    病気治療中も美しく、生き生きと仕事をなさって
    憧れの存在です!
    私も、強く、たくましく、穏やかで、美しく生きて行きたいです。
    ドラッグ・ラグ
    とは、道がそれますが
    乳がんに限らず治療費が高額ですよね
    乳がんでいえば、術前のセンチネルリンパ節生検も自費でした
    他にも術前には認められない治療とかありますよね(詳しくなくてすみません)
    みんな元気になりたいんです!
    もっともっと
    保険医療を考えてほしいものです
    お財布にやさしいと、心のゆとりにもつながると思うのです。
    由佳さんの新企画
    よいスタートが切れること応援しています

  10. 由佳さん~まいど、まいどのりんりんです♪
    参考にして下さって嬉しいです。こんな病気にならなかったら、家で被る帽子なんて、全然必要と感じなかったし、わざわざ家の中まで普通の人は被りませんよね~。でも、本当に、実際病気をして、長い期間脱毛しているわけですから、絶対に帽子は必需品ですもんね。
    夏でも、暑いから被ってなくても、誰かが不意にきたり、宅配業者が来た時なんかに、まさか ハゲ頭で出れないから、とっさに被ってましたしね~。
    ちなみに私は、家の者に ユニクロで買ってきて貰ったんで、(あそこはサイズがないというか、フリーサイズしかないみたで)ちょっと、ハゲ頭には緩かったり、やっぱり、サイズもある方が良いかもわかりませんね~~。伸びる素材とかなら良いでしょうけどね。
    交通事故に遭われて、健常者だった方が、いきなり車椅子生活を余儀なくされた人が、通常の車椅子では、いろんな面で実際に使ってみると不便を感じて、自らが使い易いように、提案され設計されたという車椅子が、すごく売れているらしいんですね。なので、やっぱり体験した由佳さんでないと、わからないところって、絶対にあると思うんです。
    私は、飾り物とかついてあるような可愛くなくてもいいから、頭に優しい素材や、夏ならサラリと被れて汗を吸う素材とか、もちろん出来たら、見た目も元気な気持ちになれるような帽子とか~~そんな帽子だったら、嬉しいだろうなぁ~と思いますよ(*^^)v
    個人情報の点には、細心の注意がやっぱり必要ですもんね~。たぶん、モニターさん希望の方も、その点が引っかかるんではないかな~と思います。
    そこさえ、完璧にクリア出来たら、絶対に大丈夫だと思いますよ~。やっぱり、私達って、抗がん剤とか未知の世界の時は、寒さしのぎの帽子ならみんな一緒とか思っていたけれど、由佳さんや私のように経験した人にしかわからない事ってたくさんありますよね~、やっぱり。
    実際に、「癌で抗がん剤をして脱毛した女性が、同じ経験をされる方の為に作った帽子」みたいな感じで募ったら、やっぱり安心するだろうし、いいんじゃないかな~~って思うよ~~。
    頭で私が勝手に考えてるみたいに、事業ってそんなに甘くはないと思うけれど、由佳さんの提案には本当に大賛成ですよ。
    経験した人だから出来る事、思う事ですよね~。  うまく事業の計画が進みますように祈ってます(^O^)/

  11. ●jasminさん
    こんにちは!長坂です。
    コメントありがとうございます!
    jasminさんも小倉先生のこと、ご存知なんですね。
    尊敬申し上げる方が同じって嬉しいものですね。
    >私も、強く、たくましく、穏やかで、美しく生きて行きたいです。
    そのとおり!(^^)
    >乳がんでいえば、術前のセンチネルリンパ節生検も自費でした
    え??
    センチネルリンパ生検を、手術と同時にするんじゃなくて、
    手術の前にしたんですか?
    へぇ~、いろんなケースがあるんですね。
    本などいっぱい読んで、かなり勉強したつもりでしたが、
    まだまだ知らないことがいっぱいだぁ。
    >由佳さんの新企画
    >よいスタートが切れること応援しています
    はい、ありがとうございます。m(__)m

  12. ●りんりんさん
    まいど♪まいど♪
    いつも丁寧にありがとうございます!
    思ったこと、考えたこと、やったことなどが
    とても似ていることがよ~~く分かりまして、
    やっぱり、自分と同じように感じている人がいるのだと分かりました。
     
    >頭で私が勝手に考えてるみたいに、事業ってそんなに甘くはないと思うけれど、
    >由佳さんの提案には本当に大賛成ですよ。
    はい、そうですね。
    想いは純粋であっても、事業はビジネスですから
    いくつものハードルを越えないといけません。
    厳しいこともいっぱいあります。
    でも、今のわたしには恐いものも失うものも何もないので
    がんばります!(^^)
    「がん経験者が考えて作りました」っていう帽子は
    他社でいくつかあるの知ってますが、こういうのがもっとたくさん
    あったほうがいいと私は思うんです。
    選択肢がいくつかあって、その中から自分の好みで選べて買える
    っていう状況にしたいものです。

  13. 由佳 さま
    再度おじゃまします
    →術前のセンチネルリンパ節生検について
    私が手術を受けた病院では全員ではありませんが、術前に受ける方もいます。
    術前にリンパも含めた手術の方法を確定しておくことで、患者としては納得して手術に臨める訳です。
    術後の治療等についてもある程度めどがついているので、病理検査の結果まで分からないということはなくなります。
    私は全摘+再建のためエキスパンダー挿入(皮膚を伸ばすため)術を同時に行ったので、手術時間の短縮とその時点で放射線治療の有無を確定するためにも術前に行いました。
    術中だと保険治療、術前は認められていないため「試験」ということで自費でした。
    (検査は数時間の局部麻酔です)
    同じ事をするのに・・・なぜ?最初に聞いたときは不思議な気持ちでした。
    でも、納得して手術を受けるため再建が上手くいくために術前検査をしました。
    再建は色々考えた上、人工物(シリコン)を選択しました。今週エキスパンダーからシリコンパックへの入れ替え手術を終えたばかりです。
    ちなみに、この手術も自費です。
    自己組織を使用すると保険医療になります。その辺の線引きもなんだか納得いかないのですが・・・。
    こんな私の事情ですので
    由佳さんがお読みになって
    皆様には不適切と感じられたら、削除してください。

  14. こんにちは。由佳さん。
    私も小倉先生は尊敬しております。
    乳がんと宣告されて、戸惑い、図書館で初めて目にしたのが、小倉先生の〔女医が乳がんになったとき〕という本でした。
    むさぼるようにして読んだのを覚えています。
    「がん経験者が考えて作りました」っていう帽子は良いですね。
    経験者というだけで、すごく安心するし、がんになっても生き生き働いている由佳さんを見ると、心のよりどころにもなると思います。
    実際私がそうですから。
    帽子と言えば、私はタオルで作ったのが一番のお気に入りでした。
    人それぞれ材質やら、形やら、好みがあるので大変かもしれませんが、頑張って下さい♪♪

  15. ◆jasminさn
    こんばんわ!長坂です。
    術前のセンチネルリンパ節生検について
    詳しく教えてくださって、ありがとうございます!
    >こんな私の事情ですので
    >由佳さんがお読みになって
    >皆様には不適切と感じられたら、削除してください。
    不適切だなんてとんでもない!(^^)
    わたしのこのブログは、医療専門家の情報サイトではありませんし、
    あくまでも長坂個人のブログですから、
    私の経験情報や、ここで知り合った皆さんの経験情報が少しでも集まり、
    明日の患者さんの役に立てば嬉しいというのが私の基本ポリシーですから、
    どうぞ、ご心配なく。
    とても貴重な体験情報だと思います。
    手術の前にセンチネルリンパ節生検をするってこと、
    ほんとーに私は知りませんでした。
    jasminさんのコメントを読んで、その理由がよく分かりました。
    こういう情報こそ、経験者の生の貴重な情報だと思いますよ!
    ありがとうございます!

  16. ◆まるたんさん
    こんばんわ!長坂です。
    おっ、まるたんさんも小倉先生をよーくご存知なんですね。
    小倉先生には、きっと凄い数の患者が励まされ勇気をいただいていますね。
     
    >帽子と言えば、私はタオルで作ったのが一番のお気に入りでした。
    >人それぞれ材質やら、形やら、好みがあるので大変かもしれませんが、
    >頑張って下さい♪♪
    ありがとうございます!
    タオル地の帽子もいいですよね。
    室内でかぶるって一言でいっても、
    寝るときに使うものと、
    日中ウチにいてダラダラしているときと、
    宅配など誰かが来てもすぐに出て行けるようにしているときと、
    色々なシーンごとに欲しい機能が違うし
    そもそも好みも違いますもんね。
    きっと、患者の数だけ要望の種類があるんだと思います。(^^)
    最初から多くの種類は無理でしょうけど、
    少しずつ種類が増やしていけるといいなと思っています。
    みなさんにお披露目できるようになったら、
    ぜひ率直なご意見をお聞かせくださいね。よろしくお願いいたします。
    楽しくがんばりまっす。

  17. 今日も元気がでそうな献立ですね!
    色とりどりのお野菜がとてもおいしそうです(*^-^)
    私も小倉先生のHPを見ていろいろ勉強させていただいたりパワーをいただいています。
    ドラッグラグの問題も長坂さんがおっしゃるようにひとりひとりが理解して意識をもつことが大切ですよね。
    私も何かの形で協力できたらいいなと思っています。
    今週末小倉先生の勉強会があるのをご存知ですか?私は参加してみようと思っています。
    http://koma-net.cocolog-nifty.com/

  18. ★oliveoylさん
    こんにちは!長坂です。
    コメントありがとうございます!
    放射線治療はもう終わった頃でしょうか?
    これで、手術・抗がん剤治療・放射線と、がん治療のフルコースはおしまいですね。
    おつかれさまでした。
    これからの静かな治療期間が快適に過ごせますように♪
     
    小倉先生の講演会情報、ありがとうございます!
    うーん、残念!明日は予定があって行けません。
    行きたかったなあ。。。。
    もし、また、今回のような情報が分かりましたら、
    ぜひ教えてください。
    小倉先生のお声を生で一度聞きたいです。
    よろしくお願いいたします。

  19. お陰さまでフルコースの治療はやっと終わりました。あとは5年のホルモン療法です。
    髪の毛も高校球児くらいの長さまで生えてきて元の生活にもどりつつありますが、まだシビレや浮腫みが少し残っています….あせらずゆっくり付き合うしかないみたいです(・_・;)
    明日の講演、しっかりとお話伺ってこようと思います、できればパワーをいただくばかりでなく応援メッセージをお伝えできたらいいなと思っています。

  20. 長坂様
    母の乳癌が今年の2月にみつかりました。その前年の9月のマンモグラフィーの検査では「異常なし」との診断を受けたばかりにもかかわらず。術後の検査結果は、72歳の年齢にしては、とても厳しいもので、その母も今月で、やっと8クール目の抗がん剤治療が終了します。予定では、来月から
    放射線治療を開始します。今年は、私の母のみならず、同僚や同僚のお母様など乳癌に患患されている方が私の周りに多くおりました。
    そんな中、貴方様のブログがどれほど私達、家族の心の支えになったことか。
    貴方様のお辛い経験の公表が、見も知らずの私たちをどれだけ、励まし、希望を持たせてくれたことか、この場をお借りして心から感謝申し上げます。
    今後ともお身体を十分にご自愛なさりながらも、充実した毎日が送られます様に心からお祈り申し上げます(今になり、やっと少し気持ちに余裕が出てきたので、コメントを書かせて頂きました)。

  21. ★タックさん
    こんにちは!長坂です。
    コメントくださり、本当にありがとうございます!
    とても感激しています。
    9月のマンモグラフィーで異常なしだったのに、
    翌年2月に乳がん発覚とは、あまりにくやしいですね。
    検査していたのに見つけられなかったという悔しさは、
    病気に対する恐さや、治療の不安とはまた違う何とも例えようのない
    怒りに似たような地団駄を踏むお気持ちだったでしょう。
    お気持ち、お察しします。
    抗がん剤治療を終え、これから放射線治療ですか。
    もうしばらくですね。
    どうか、体力をお落としになられませんように。
    美味しいものを召し上がってお過ごし下さいね。
    わたしも、充実した毎日をおくれますように、
    日々是精進でがんばります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です