体重は少し減ったのにヘモグロビンA1cと中性脂肪が高いまま。高脂血症の薬を飲むことになった。

内科(糖尿病)の通院も続いており、血液検査・尿検査の結果があまり良くありません。良くないというより、今年はずっと悪い。(^^;)

前回の検査結果で、ヘモグロビンA1cが「7.8」、中性脂肪が400を越えてしまったので、食事内容をさらに気をつけて糖質プチ制限をがんばって、体重を少し減らしたのですが、今回の検査結果への影響はほんの少しでまだダメでした。

血液検査・尿検査の結果表

ヘモグロビンA1cは、「7.8」から⇒「7.7」になっただけ。
中性脂肪は「412」から⇒「314」に減ったけど、まだ基準値の倍もあります。

昨年末と比較すると体重は約4キロ減らしたのだけど、4キロ減ぐらいでは良い状態にはなれないということですね。

検査結果をグイッと良くするには、10キロぐらいは落とさないと効果出ないんだろうなあ。きついなあ。

中性脂肪300越えの状態が長く続くと、動脈硬化、心筋梗塞、脳出血などを引き起こしやすくなり危険ということで、高脂血症の薬を2ヶ月ぐらい服用することになりました。

自分の努力だけではなかなか良い結果にならないので、少し薬のチカラを借りましょう、とのことです。

高脂血症の薬パルモディア

まれに、筋肉痛や手足のしびれなどの副作用があるらしく、医師から「運動した後でもないのに思わぬところが筋肉痛みたいな症状があったらすぐに来るように」と説明があり驚きました。

横紋筋融解症といって、「骨格筋を構成する筋細胞が融解・壊死する」という副作用だそうです。筋肉が溶けたり壊死するって恐いですね。

今のところ副作用らしきものは現れていませんので、大丈夫です。

薬に頼るということは、他への影響・副作用も合わせて受け入れなければいけなくなるので、なんとかもう少し自力で減量をがんばらなければマズイと思っている今日このごろです。

きっと加齢の影響もあると思います。
ちょっとぐらいの体重減では現状維持が精一杯で、結果を良くしようとするにはガツンと減量しないといけないようです。

あ~あ、ガンバレ!わたし!

——————————

ストレス解消には笑うのが一番!
ということで、先日、よしもとで笑ってきました。
よしもと新喜劇が有楽町で楽しめました。

ずっと笑いっぱなし。漫才・コントでは「ミキ」が面白かったなあ。

前から7列目・中央の席で、芸人さんたちの表情がハッキリ見える良席でした。
クジ運は弱いのですが、座席運はいいんですよ、わたし。むかしから。

東京グランド花月

本公演が始まる前の前説は新人芸人がやります。
本公演は写真撮影・録音はもちろんNGなのですが、前説だけは撮影OK。
OKどころか「さあ、撮ってSNSで拡散・宣伝してください!」モードです。

この日の前説は「いぬ」というコンビでした。初めて見ました。売れるといいね。

よしもと芸人いぬ

 

そうそう、クジ運といえば、
2020東京オリンピックのチケットが全然当たりません。(大泣)
1回目の抽選は外れるの仕方ないと思っていたけど、
2回目の敗者復活的な抽選は当たりたかった。(号泣)

1回目の抽選で複数当選していた人も結構いますよね~。
なんでひとつも当たらないのでしょーーー!
オリンピックスタジアムに行きたいよーー!

どうか私にも2020を!


がん治療生活ケア用品専門店「キャンライフ」からのお知らせです。

免疫力アップ、毎朝の習慣に「にんじんジュース定期便」が好評です。
私も毎日毎朝欠かさず飲んでいます。

初めての方用のにんじんジュースお試しセットあります。
飲みきりサイズ350ml×2本セット、全国どこでも送料無料 ¥1,280

お試しセットは↓こちらをクリックどうぞ。
にんじんジュースお試しセット

 


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
ポチッと↓↓↓クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

 

体重変化ナシなのに中性脂肪が倍増でヤバイ

梅雨入りした途端、冷える日が続いていましたが、久しぶりの快晴の日、
3ヶ月ごとの糖尿病・内科通院でした。

慶應義塾大学病院

慶應大学病院での正式な科目名は、「腎内分泌代謝内科」。

この科目名をみると、糖尿病の本当の意味がよくわかります。

糖尿病っていうと、血液中に糖がいっぱいあってダメだよっていう、軽い感じがしちゃって本当にダメダメなんだけど、⇐自分

血液中に糖がいっぱいあるのは症状であって、本当にダメになってるのは腎臓。
腎臓から分泌されるインスリンというホルモンが少ない、または分泌はされてるけど働きが悪いってことなんだよね。

糖尿病の検査結果ダメ

検査の結果は、、、ダメ、全然ダメ。_| ̄|○

前回検査の結果があまりよくなかったので、食事の内容を見直したつもりだったんだけどなあ。

体重は変わってないのに(いや、むしろ、2キロ減ったのに)、ヘモグロビンA1cはまったく変わらず「7.8」。

今回、医師に言われたのは、「ヘモグロビンA1cが良くなってないのもよくないが、中性脂肪が倍になって400超えしてしまっていること。何か原因は思い当たりますか?この状態が続くようだと、合併症のリスクがとても高くなるので薬の内容・量を見直ししたほうがいいですね。栄養指導を受けますか?」と。

薬を増やすと、またいろいろな副作用が出て辛いので、次の診察までもういちど、食事・運動を自分で見直すチャンスをもらいました。

このお腹の脂肪を落とすのだ。(;_;)
内蔵脂肪たっぷり、脂肪肝になっているから、これを退治しなければ。
マスト!

8月末の次の診察のときまでに、ヘモグロビンA1cを「7」、中性脂肪を「200」まで戻すようにがんばります!

腎臓を悪くしてしまわないようい、気合いを入れ直すよ!

 


がん治療生活ケア用品専門店「キャンライフ」からのお知らせです。

免疫力アップ、毎朝の習慣に「にんじんジュース定期便」が好評です。
私も毎日毎朝欠かさず飲んでいます。

初めての方用のにんじんジュースお試しセットあります。
飲みきりサイズ350ml×2本セット、全国どこでも送料無料 ¥1,280

お試しセットは↓こちらをクリックどうぞ。
にんじんジュースお試しセット

 


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
ポチッと↓↓↓クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

 

ヘモグロビンA1cが少し下がったので糖尿病の薬フォシーガをやめてみる。かゆみはフォシーガの副作用か?

内科・糖尿病の診察に行ってきました。

ヘモグロビンA1cの値がずっと「7」を切れないでいたのですが、夏から少し気合いを入れて食事改善に取り組んだ結果、やっと7を切ることができました!

ヘモグロビンA1c「6.7」
超嬉しい!
久しぶりの7以下。
空腹時血糖値も「125」。私にしてはとても低いです。

何を改善したかというと、

第一に、間食をしない。
スイーツ、スナック菓子、ポテチ、おせんべいなどの誘惑に負けない。
第二に、小麦粉系の食べ物を控える。
特に大好きなパスタ、うどんを。
第三に、夕食は炭水化物を控える。(朝、昼はOK)

ということを、8月から心がけて、週末は少し許すという約80%の達成率でがんばったところ、ちゃんと結果がでました。嬉しい。

やっぱり、体は食べた物でできている。ということですね。

—————–

検査結果の話がひととおり終わった後、内科の先生に、最近の困りごとを話してみました。

それは・・・
実は、少し恥ずかしい話なんですが、
今年の春ぐらいから、外陰部が痒くなったり痛くなったりしはじめたのです。
ずっとじゃなくて、痛痒くなっては治り、また痛痒くなって治りを繰り返す感じ。

いつまでたってもスッキリしないので、婦人科に行って診てもらったところ、外陰カンジダだったことがわかりまして、お薬もらって、その後1週間ぐらいで治ったので安心していました。

ところが、またしばらくして外陰部が痛痒くなったので、カンジダが再発してしまったか?と思って婦人科受診したのですが、今度は検査の結果、カンジダではなかったのです。

外陰部のただれ炎症ということで、リンデロンというステロイド剤塗り薬を処方してもらい、塗ったら2~3日でスッキリ良くなりました。

でもまたしばらくすると、外陰部が痛痒くなり、リンデロンを塗ると治るというのを繰り返すのです。

婦人科の先生には、「オカシイねえ。これ以上、ステロイド剤を続けてもよくないなあ。また続くようなら婦人科じゃなくて、皮膚科に行った方がいい。」と言われて困っていました。

 

という話を、内科の先生に話して、「糖尿病のせいでしょうか?糖尿病の薬の副作用ってことはありますか?」と聞いてみたところ、

『それは、あり得ます。フォシーガの副作用かもしれない。糖が尿と一緒に出るから感染症を起こしやすい。』とのこと。

あ、そうか!
なんで、気がつかなかったのだろう?!
婦人科系の病気ばかり疑ってしまっていて、糖尿病のほうに気が回りませんでした。

ということで、フォシーガの服用を中止して、そのかわりメトグルコを2錠に増やして様子をみてみることになりました。

フォシーガをやめてどうなるか?
外陰部のかゆみ痛みが治るか?
治れば、外陰部のかゆみ痛みはフォシーガの副作用だったいうことになりますね。
その後の経過はまたしばらく様子をみてから書きますね。

外陰部のことをブログに書こうか書くまいか、
恥ずかしいからね、迷ったのですが、
同じように困っている人がいるかもしれないと思い、
思い切って書いてみました。

せっかく下がったヘモグロビンA1cがまた上がらなければいいのだけど。。。
糖尿病はやっかいです。

 

———————

私が入院・手術したときは、昭和レトロな病室・病棟だったけど、新病棟の工事が進んで、通院で行く度にどこかが変わっています。

通院のとき一番イヤだったトイレの待ちがなくなったのは嬉しい。

正面入り口までの通路は前と変わってない。
季節のお花がいつも咲いていて好きです。

------------

がん治療生活ケア用品専門店「キャンライフ」からのお知らせです。

免疫力を上げる毎朝の習慣に「にんじんジュース定期便」が好評です。
私も毎日毎朝欠かさず飲んでいます。
初めての方用のにんじんジュースお試しセットあります。
飲みきりサイズ350ml×2本セット、全国どこでも送料無料 ¥1,280

お試しセットは↓こちらをクリックどうぞ。
にんじんジュースお試しセット

 


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
コツコツ楽しくがんばります!