乳がん全摘、手術後1ヶ月。回復の様子

早いもので術後1ヶ月が経過しました。
おかげさまで傷も痛みも体力も、着実に少しずつ回復してます。
支えてくれている家族・友人、温かいコメントをくださるお客様のおかげです。
ありがとうございます。

昨日と今日を比べた日単位の違いは分からないけど、週単位だと回復具合がよくわかります。

術後の胸にたまるリンパ液や血液などの排液量

退院後は週に1回通院して、術後の様子をチェックすると同時に、胸に溜まったリンパ液、血液などの排液を注射器で吸って抜いてもらいます。

退院後1週目は、術後の傷の下あたりに 排液がどんどん溜まりタプンタプンするぐらいに膨らんで、強い 痛みを感じるぐらいになりました。
「本当にコレ順調に減るのかなあ?」と思うぐらいに排液が溜まりましたが、

ちゃんと週単位で、1週目は100CC、2週目は80CC、3週目は70CCと順調に減ってきました。
注射器1本1回で30~40CCぐらい抜けるので、100CCの排液は注射器3本分ぐらいです。

12年前の温存手術のときにも、退院後の通院で排液を抜いてもらったけど、注射器1本分ぐらいだったから、今回の再手術・全摘後のほうが排液の量は多いように思います。

日常生活や仕事復帰の具合

術後1ヶ月経ち、日常生活はほとんど元通りにできるようになりました。
近所への買い物、食事づくり、環境整備、お風呂掃除・・・などはもう大丈夫。

歩きは30~40分ぐらいは連続して歩けます。体力的にはもっと歩けそうなのだけど、長く連続して歩いていると脇と胸が熱を持ってくるので、控えめにしている感じです。

走るのはまだできません。体が大きく動くと、胸全体や傷が痛みます。

仕事。朝から夕方までは元気に仕事もできるようになりました。
ただ、夕方になってくると、体がしんどくなってきて痛みが出てくるので、そこそこでおしまいにしています。
体力がまだ完全には戻っていないということでしょうね。

でも、これも週単位で着実に回復しているのを感じているので、12月中旬ぐらいにはかなり回復すると思います。

病理の結果はまだ

手術で取った組織の病理結果は、まだ時間かかってます。
混んでるみたいです。
癌の手術をする人が多いのでしょうね。
でも、今週か遅くとも来週にはわかると思います。

もうこのまま分からずにいてもいいんじゃない?と思ったりして。
このまま傷が治ったら、
シラ~っと今までどおりの生活に戻っていいんじゃない?(^^;) 

ダメ?
ダメかな。
ダメだよね。
結果聞かないとね。
ヤダナ。
知りたくないな~。

勇気だして前を向かなきゃね。

国道134号線の陸橋から見える富士山
国道134号線の陸橋から見える烏帽子岩
汐見台海岸から見える江の島
汐見台海岸 海沿いの遊歩道 元気になったら私も走ろうっと。

———-◆————–

がん治療生活ケア用品専門店「キャンライフ」からのお知らせです。

免疫力アップ、毎朝の習慣に「にんじんジュース定期便」が好評です。
私も毎日毎朝欠かさず飲んでいます。

初めての方用のにんじんジュースお試しセットあります。
飲みきりサイズ350ml×2本セット、全国どこでも送料無料 ¥1,280

お試しセットは↓こちらをクリックどうぞ。
にんじんジュースお試しセット


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
ポチッと↓↓↓クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

1週間前に退院しました。予想以上に痛い(;_;)。放射線治療した胸に再手術(乳房切除)はダメージ大きいみたい

1週間前、11月9日(土)に退院

1週間前に退院していたのですが、かなり痛いのと体力がなかなか回復せず、パソコンの前に長い時間座っていられなくて、ブログの更新が後回しになっていました。

退院して1週間経って、ようやく少し痛みも軽くなり、体力も回復してきたのを感じられるようになりました。

温存手術+放射線治療をした胸の皮膚はダメージが大きい

12年前にも乳がん手術(乳房温存)を経験しているので、乳がん手術の痛みや術後の体の様子がどうなるかはわかっていたし、覚悟していたのですが、予想以上に今回は痛いです。

乳房温存手術より乳房切除手術(全摘)のほうが痛いのでしょうか?

いや、そうじゃないと思います。
温存手術+放射線治療をした胸を、再度手術して乳房切除したからだと思います。

事前に、主治医から放射線治療をした皮膚のダメージについて説明を受けていましたが、そのとおりのダメージと痛みです。

乳がんで放射線治療を経験した方ならある程度わかっていただけると思うのですが、放射線治療をした胸はこうなっています。
・汗をかかない
・血流が悪い
・皮膚の伸縮が悪い

ワキの真ん中からへそに向かって、バサッと20センチの傷。
縫い目を中心に皮膚が引っ張られるわけですが、放射線治療の影響で伸縮がなくなっている皮膚は、引っ張られるのを吸収できる弾力がないので、引っ張れる痛みをもろに受けてるようです。

手術した胸にリンパ液もまだ貯まるので、退院後初の通院時には100CC抜いてもらいました。

腕や胸を動かすリハビリがんばり中

傷の癒着(くっつき)も始まっているので、今がリハビリのがんばりどき。
動かさないと先々動かせなくなるので、痛いのに動かさないといけないから、眉間にシワよせてがんばってます。

12年前の初めての乳がん手術のときには、(今思えば)術後すぐのリハビリを痛みに負けてあまり無理せずやっていたから、その後、腕がうしろに回らなくなり、ちゃんと動かせるようになるのに1年以上かかったので、今回はそんなことにならないように、今が一番のリハビリがんばりどき。

毎日8時間以上の爆睡で体力回復中

退院して1週間経ちましたが、夕方すぎると、まだ痛み止めロキソニンが必要になります。

毎日8時間以上寝てしまいます。10時間とか13時間寝ています。
こんなに寝るのは、20代以来のことでビックリしています。
体が一生懸命に回復しようとしているのを感じます。
体が睡眠を必要としているのですね。

仕事は復帰していますが、こんな感じの日々なので、まだ午前中ぐらいまでしか集中力が持ちません。
たぶん、今週末から来週にかけて、ひと山越えられると感じています。

入院中のこととか、色々書きたいことがいっぱいあるのですが、今日はこんなところで。


———-◆————–

がん治療生活ケア用品専門店「キャンライフ」からのお知らせです。

免疫力アップ、毎朝の習慣に「にんじんジュース定期便」が好評です。
私も毎日毎朝欠かさず飲んでいます。

初めての方用のにんじんジュースお試しセットあります。
飲みきりサイズ350ml×2本セット、全国どこでも送料無料 ¥1,280

お試しセットは↓こちらをクリックどうぞ。
にんじんジュースお試しセット


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
ポチッと↓↓↓クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

乳がん手術後13年めの局所再発。実感ないけど手術して取ってきます。

先月はじめ、
乳がん手術後12年のフル検査。乳腺超音波検査の結果、陰影に変化あり。MRIで再検査することになった。」というタイトルの日記を書きました。

私の主治医は、検査結果にグレーがあったら放置せずに白か黒かをハッキリさせる労力を惜しまない先生で、とても信頼していて、今回も「グレーを放置しないために、念の為にMRIやりましょう。」と言ってくれていて、結果はきっと今までどおり問題なしで終わると思っていたのですが。。。

こんなことがあるんですね。

12年前の8月に右乳がん乳房温存手術をした箇所に、乳がんがまたみつかってしまいました。

造影剤を使ったMRIの画像を見せていただいたら、たしかに、右乳房内に濃い白くなっている箇所がハッキリ見えました。

そこに悪性腫瘍らしきものがあることはMRIでわかったので、次に針生検をして組織を取り確かなことを調べることになりました。

10月2日に針生検。
12年前にも同じことをやっているので、どういうことをするのかはわかっている。
乳房に注射で麻酔をうって、超音波エコーで場所を見ながら、腫瘍のあるところを狙って、注射器の大きいバージョンみたいなのを刺して、ガシャン!と組織を取ります。

12年前と比べると、麻酔の効きがよかったのか、先生の刺し方が上手だったのか、麻酔注射の痛みだけで済みました。

10月10日に針生検の結果を聞く。
残念ながら、悪性腫瘍があったとのこと。

しかし、
前の乳がんの取り残しがあって再発したものか、
前の乳がんの親戚みたいなのが残っていてそれがムクムクと起きてきたものか、
まったく新しい癌が同じ場所にできたものか、
つまり、完全な再発か、再発っぽいものか、原発かは、そう簡単にはわからないのだそうです。

細かいことがわかるのは、乳房を全摘手術したあとの病理の結果をみてから。
それでも、全部のことがスッキリわかるとは限らないそう。
病気って、癌に限らず、そういうこと多いよね。わかるようでわからない。

今回、癌がみつかった場所は、12年前に手術したところのすぐ裏だし、前回手術した右乳房内なので、いまのところ、書類に書く病名は「右乳がん(乳房局所再発)」ってことになるそうです。

今度の手術は、右乳房の全摘手術。
全摘手術って聞いたときにね、変な話ですが、一番最初に思ったことは、「乳首と乳輪だけでも残すことはできないかな?」でした。乳房を全部切除するのはそんなに拒否感はなかったんですけどね、温泉とか、スパとか行ったときに違うじゃないですか。

ダメ元で聞いてみました。

どうしても!と私が希望すれば、もう一度、温存手術をする道もないわけではないらしいですが、私の主治医の方針は、『「もう1回、また」ということを起きないようにしたい。それを患者さんとぜひ共有して、今後の治療方法などを相談して決めていきたい。』と言われました。

わかりました。(^^;) 全部キレイに取っていただきましょう。

明日10/28入院して、10/29に手術して癌をキレイに取ってきます。

———————–

不幸中の幸いと言ったらアレですけど、
8月のフル検査で、骨・内臓などにはどこにも転移はなかったし、左乳房にも問題なかったので、右乳房内だけの局所再発で済む可能性が十分あるわけで、そうすれば全摘手術だけで終われる、と希望をもっています。

今回の発見も、運が良かったのだと思いたい。
乳がんは経過観察は術後10年です。
だから私の場合、2年前に経過観察は終わっていてもいいところを、主治医が、「長坂さんは、子宮頸がん、乳がんをやって、その後に子宮筋腫、卵巣嚢胞もやり、女性ホルモンに影響あることを重ねてやっているし、CEAが9前後あるので、もう数年だけ経過観察続けてみましょうか。」とおっしゃってくださって、続けてきたものです。

だから、10年経過で経過観察を卒業していたら、早期の再発は発見できていなかったかもしれない。

きっと、私はついている。ラッキーなはず。

—————–

でもなあ、
12年経って、干支がひとまわりしたところで、またなるなんて。

10年経過後も再発・転移することはある、と本や情報では見ていたけど、まさか自分がそうなるなんてなあ。

どっこも痛くないし体調も全然悪くないのに(先月、SUPを楽しんできたばかり)、急に病気ですと言われて、なんというか、驚いたというか、雲の上を歩いているようなフワフワした気持ちです。

—————–

このブログは自分の日記でもあるので、
これからも病気の記録的なことだけじゃなくて、愚痴も書くよ。(^^;)
じゃあ、また。明日

 


がん治療生活ケア用品専門店「キャンライフ」からのお知らせです。

免疫力アップ、毎朝の習慣に「にんじんジュース定期便」が好評です。
私も毎日毎朝欠かさず飲んでいます。

初めての方用のにんじんジュースお試しセットあります。
飲みきりサイズ350ml×2本セット、全国どこでも送料無料 ¥1,280

お試しセットは↓こちらをクリックどうぞ。
にんじんジュースお試しセット

 


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
ポチッと↓↓↓クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ