抗がん剤治療(1クール目、7日目)副作用で便秘

抗がん剤投与してから今日でちょうど1週間。
吐き気がないのが本当にラッキーです。

今日は、カウンセリングとリハビリ作業療法に行ってきました。
 
 
【カウンセリング】
以前と比べてかなり元気になったし、精神的にもたくましくなったと思うので、カウンセリングもそろそろ卒業なのかなとも思うのですが、

P先生のカウンセリングは、精神的なことや不安に思っていること以外にも、睡眠や生活リズム、傷や身体の調子など、何でも話せて気軽に相談にのってくださり、場合によっては適切な医師や受診をすすめてくださるので、私にはまだ欠かせない大切な時間で、もうしばらく、月に1回程度のカウンセリングを続けさせていただくことをお願いしました。

睡眠導入剤(レンドルミン)は、9月から少しずつ減らし、今はもう飲まなくても眠れるようになったことをP先生に報告することができました。
覚醒障害もまったくなくなりました。
安定剤(メイラックス)はまだ1日1錠飲んでいますが、抗がん剤治療が進み、状態がもう少し安定したら減らしていけそうです。

脇の傷口の赤みが増し、熱感が相変わらず高いことを相談したら、専門のナースを紹介してくれて相談にのってもらえました。
脇に体液が貯まっている様子なので、明日また通院し医師に抜いてもらうことになりました。
 
 
 
【作業療法リハビリ】
抗がん剤治療中でも、傷が少々痛くても、リハビリはがんばって続けてます。

20071010_rih2

念入りにストレッチをしたあと、以前も使ったコップの移し替え具を使って右腕・右肩の筋トレ系です。
左右への移し替えはスムーズに出来るようになったのですが、まだ前後の動きがダメなようです。

この移し替え具を縦に置き、前にあるコップを後ろに持っていく動作を2往復すると、もう右肩が堅くなりきつくなります。
 
 
20071010_rih1

リハビリテーション科の待合室には藤城清治氏の影絵が飾ってあります。
療法士に身体をゆだね、密接に触れ合ってトレーニングするところなので、ふつうの科目受診室や検査室とは雰囲気が違います。

患者さんの顔も、ほかの場所にいるときに比べて穏やかで笑顔があります。
わたしにとっては、慶應義塾大学病院の中で唯一、恐くない場所かも。
 
 
 
【副作用で便秘】
とうとう、つまりました。^_^;
抗がん剤の副作用なので仕方ありません。

20071010_imo

病院からの帰り、地元・笹塚の八百屋・八百喜代で売っていた「ふかし芋」180円。
でかっ。
 
 
20071010_cream

野菜たっぷりクリームシチューを作りました。
市販のルーは使っていないのでバター控えめ。
 
 
食欲があるので元気ですが、出るもの出ないので、とうとう下剤のお世話になりました。(>_<)
 
 
 
【今日の診療費】
10月 10日 ¥1,080 (リハビリ作業療法)
10月 10日 ¥210 (カウンセリング、傷診察)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です