「大腸がん検診」に焦点をあてた貴重なシンポジウム。3/16残席あり

NPO法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」からの大急ぎのお知らせ!

今週末、3月16日(日)に六本木で開催されるシンポジウムにまだ残席あります!!

 

 「がん」に関するシンポジウムっていうと、

治療方法についてとか、抗がん剤の副作用についてとか、

病気そのものについてのものを思い浮かべますが、

 

今週末3/16に開催されるシンポジウムは、がんの検診「大腸がん検診」に焦点をあてたもので、

しかも、「大腸がん検診」の体験者の語りについての貴重なシンポジウムです。

————————————————— 

公開シンポジウム
【このままでいいのか?大腸がん検診】
~「大腸がん検診の語り」とそこから見えてくるもの~
http://www.dipex-j.org/news/2014/3174.html

News20140316

「あなたの大腸がん検診の体験について話してください」

とお願いして、35人の方にお話を伺いました。

すると、

 毎年受けていた便潜血検査が大腸がん検診だとは知らなかった人、

 毎年陽性でも痔のせいにして精密検査を受けていなかった人、

 女性は大腸がんにかかりにくいと思っていた人・・・

大腸がん検診に対するさまざまな思いや思い込みが明らかになってきました。

 

このシンポジウムでは「大腸がん検診の語り」データベース構築プロジェクトの概要をご紹介し、そこから見えてくる大腸がん検診のあり方について、専門医、医療社会学やコミュニティヘルスの専門家が集まってパネルディスカッションを行います。

 

まだ残席あります。

私は3/16は都合悪く行けませんが、関心・関係のある方、ぜひお運びください!

 

詳しくはコチラのページをご覧ください。(クリックどうぞ!)

http://www.dipex-j.org/news/2014/3174.html

 

——————————–

 

もうひとつお知らせ。

私のこのブログが更新されたら、メールで更新をお知らせするサービス開始!!(*^_^*)

【更新したらメールでお知らせ】

 

このサービスは、実は私の同級生にリクエストされていたもの。

『 ゆかのブログ見てるんだけどさあ、毎日更新されるわけでもないし、曜日が決まっているわけでもないから、いつ更新されるかわからないじゃない?

毎日チェックするのも面倒でさあ、しばらくチェックしてなかったりすると、そういうときに限って更新されてたりしてさあ。見逃したりするんだよねぇ。

ブログ書いたらメールでお知らせしてくれない? 』

  

画面上部の私の顔写真の下にメールアドレスを入力するフォームがあります。

そこにメールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックすると、確認メールが飛び、メールに従ってURLをクリックすると登録完了です。

このブログが更新されたら、「更新したよ」のメールが飛びます。

 

もし、よろしければ、どうぞご登録ください。(*^_^*)

 

————————————————–

 
がん患者さんの治療生活ケア用品専門店
「キャンライフ」 店長・長坂からのお知らせです。(*^_^*)

私自身、体の中から健康になりたくて
免疫力を上げたくて飲み始めた「にんじんジュース
毎朝の習慣に最適な「にんじんジュース定期便」が好評です。ありがとうございます。

初めての方用のにんじんジュースお試しセットもあります。
飲みきりサイズ350ml×3本セット、全国どこでも送料無料 ¥1,480

お試しセットは↓こちらをクリックどうぞ。
にんじんジュースお試しセット

 


 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
ポチッと↓↓↓クリックしていただけると更新の励みになります!

    にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ     

「「大腸がん検診」に焦点をあてた貴重なシンポジウム。3/16残席あり」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。初めてメールをするものです。実は去年、左乳ガンで左胸を全摘出しました。今年になり、以前から患っている子宮内膜症が悪化し、両卵巣、子宮、直腸の一部分を摘出する手術を三月の末に受ける事にしました。両卵巣を取った場合におこる更年期障害が心配でネットで情報を集めていたところ、こちらのblogにたどり着きました。私の乳ガンはホルモン受容体のため、ホルモン治療は禁忌なのです。
    そこで、同じような病歴かと思われたので、いろいろお伺いしたくコメント欄よりメールをさせていただきました。両卵巣、子宮をとっての体の不調は大変ですか?

  2. ●ゆうゆうさん
    こんにちは!はじめまして。長坂です。
    コメントありがとうございます!(*^_^*)
     
    >こんばんは。初めてメールをするものです。実は去年、左乳ガンで左胸を全摘出しました。今年になり、以前から患っている子宮内膜症が悪化し、両卵巣、子宮、直腸の一部分を摘出する手術を三月の末に受ける事にしました。両卵巣を取った場合におこる更年期障害が心配でネットで情報を集めていたところ、こちらのblogにたどり着きました。私の乳ガンはホルモン受容体のため、ホルモン治療は禁忌なのです。
    >そこで、同じような病歴かと思われたので、いろいろお伺いしたくコメント欄よりメールをさせていただきました。
    >両卵巣、子宮をとっての体の不調は大変ですか?
    両卵巣を摘出した場合におこりそうな更年期障害的な症状がご心配ですね。
    私も手術前にはその点はすっごく心配しましたし不安でした。
    ただ、右卵巣嚢胞による子宮内膜症の痛みが強くて、日常生活に支障をきたしていたので、それを両天秤にかけて、結果、両卵巣・子宮を全摘したわけで、ゆうゆうさんもきっと難しい判断のすえに手術を決められたのでしょうね。
    卵巣摘出後の体調ですが、1ヶ月ぐらいは何も起きなかったので、「このままいけるのか?」と期待しましたが、術後1ヶ月ぐらいから色々と症状が起きました。
    関節痛、ホットフラッシュ、めまい
    幸いにして、気持ちに落ち込み・「うつ」的な状態にはなっていないので、漢方薬の助けを借りて今は日常生活には問題ないところまできましたよ。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です