アロマターゼ阻害薬、フェマーラの副作用「関節痛」

閉経後のホルモン治療、アロマターゼ阻害薬「フェマーラ」を服用し始めて2ヶ月が経ちました。

 

服用前に聞いていた副作用は、主に、関節痛、ほてり(ホットフラッシュ)、骨粗鬆症。

(↓フェマーラのパンフレット)

20121127_femara9

 

◆関節痛

ワタシ的には、関節痛の副作用を一番恐れていたのですが、

まだそれほど、ひどい関節痛にはなっていません。

 

朝起きたときに、手の指がゴワゴワして、すぐには動かせませんが、

ニギニギしていると動くようになります。

 

長い時間座っていて、立ち上がるときに、腰と脚が少しきしむ感じがありますが、気にするほどのことではありません。

 

やはり主治医の言うとおり、5年前ほどのヒドイ関節痛にはならないですんでいます。

5年の間に女性ホルモンは確実に減っていて、

女性ホルモンが少ない状況に体が対応していたのですね。

ヨカッタ。

今ぐらいのゴワゴワなら、やり過ごすことができるので、進行しないことを願います。

 

 

—————————————————-

 

糖尿のほうは、あまりよくありません。

野菜を多く摂る食事を心がけているのですが、

血糖値もヘモグロビンA1cも、なかなか下がりません。(^^;)

 

 

20121127_sarada

山盛りのサラダと

 

20121127_sarada2

ニラ、エノキ、豆腐の中華スープといった

とってもヘルシーな食事ですが、

毎食、こういう食事ばかりしているわけじゃないからなぁ。

 

糖尿との戦いは、まだまだ続く。

 


 

ランキング参加してみました。クリック応援おねがいします!m(_ _)m

    にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ    人気ブログランキングへ

 

「アロマターゼ阻害薬、フェマーラの副作用「関節痛」」への11件のフィードバック

  1. こんにちわ
    副作用の関節痛が、軽い出現で収まっていて良かったです!
    以前だったら「治す」事が当たり前だったけれど、この治療を始めてからは「現状維持」も大切なんだと、しみじみ思っています。
    私は、手の親指の付け根当たりがピリピリ痛んだり、由佳さんと同じように座り続けていた後に立ち上がるとキシキシして‘ロボット’風な歩きになります。
    そして私も同じように「これくらいなら、なんとか・・・」
    ボチボチですが、1歩1歩進んで行きたいものです。たまに1歩下がるけどねっ・・・(笑)

  2. こんにちは。
    私もホルモン剤(タスオミン)を飲んで2ヶ月が経ちました。ホットフラッシュは手術前からあったので、それなりに・・・。動悸・息切れ・息苦しさが気になるところですが、こちらの方は心と連動してひどくなったり、何にもなかったりと一日の間で落差が激しいです。ひどいときは頓服としてワイパックスを飲むようにしています。過呼吸になりそうで不安で・・・・。
    先週頭の粉瘤とってきました。外来手術だったので昼から行って、2時間弱でもうお家に帰れてました。放射線治療やら優先していたので、ほったらかしだったのですが、結構大きくなってきたので(3cm)さくさくっととってきました~。今週の土曜日抜糸です。
    10針くらいぬっているので、500円玉ハゲが・・・・。髪の毛でうまく隠しています。
    卵巣ですが、私も・・たぶん手術する方向で考えています・・・。
    なんやかんやとあって気持ちが落ち着かないです~。
    宝くじでも当たらないかな~。
    10枚しか買ってないんですけど・・・(笑)。

  3. ●jasminさん
    こんにちは!長坂です。
    毎日だんだん寒さが厳しくなってきましたね。
     
    >副作用の関節痛が、軽い出現で収まっていて良かったです!
    はい。いつも、ありがとうございます!
     
    >以前だったら「治す」事が当たり前だったけれど、この治療を始めてからは「現状維持」も大切なんだと、しみじみ思っています。
    >私は、手の親指の付け根当たりがピリピリ痛んだり、由佳さんと同じように座り続けていた後に立ち上がるとキシキシして‘ロボット’風な歩きになります。
    >そして私も同じように「これくらいなら、なんとか・・・」
     
    そう、そう。
    わたしもまったく同じです。
    以前だったら、どこか痛かったら、痛みが完全に取れるまで、あきらめなかったんだけど、今は、あきらめるというか、うまくつきあうということを覚えましたね。
    わたしたち、大人になりましたね。(^_^)
    患者マイスターとでも名乗りましょうかね。

  4. 大人になりましたね。ホント。
    病気というものがわかっていませんでしたね。
    病気は治るものだと思っていたのは、えらい勘違いでした。
    病気にもいろいろあって、風邪のように治るもの、治らないけど生活にそれほど支障のないもの、治療をしてもそこそこにしか改善しないもの、治療法がないもの・・・・
    レベルがあるというのも変ですが。
    糖尿病の数値も気にし過ぎるとストレスになるから、テキトーに気にするだけにしてはいかがでしょう?
    難しいか???
    上手に付き合って、気持ちよく暮らしましょうね。

  5. ★dadaさん
    こんにちは!長坂です。(*^_^*)
     
    ホルモン治療の副作用で、動悸・息切れがするのですか。
    それは難儀ですね。
    >動悸・息切れ・息苦しさが気になるところですが、こちらの方は心と連動してひどくなったり、何にもなかったりと一日の間で落差が激しいです。ひどいときは頓服としてワイパックスを飲むようにしています。
    心と連動するという点、なんとなく分かります。
    気持ちや感情が揺れ動くと、症状が出るって感じでしょうか。
    お薬で穏やかになるといいですね。
    私の場合は、動機・息切れという症状は出ませんが、気持ちが高ぶったり、焦って何かをしたりすると、ドバッと大量の汗が出ます。かっこわるいです。(^^;)
     
    >先週頭の粉瘤とってきました。
    粉瘤って、何なのか知りませんでした。
    http://allabout.co.jp/gm/gc/371372/
    ↑こういうのなんですね。
    お大事になさってくださいね。

  6. ◆あきるーさーん
    こんにちは!長坂です。
    コメント、ありがとうございます。
    あきるーさんのコメント、感じました。
    >病気にもいろいろあって、
    >風邪のように治るもの、
    >治らないけど生活にそれほど支障のないもの、
    >治療をしてもそこそこにしか改善しないもの、
    >治療法がないもの・・・・
    そのとおりなのです。
    病気にもいろいろあるということ、
    こういうことは、学校では教えてもらえませんね。
    本で学ぶことも多いし、セミナーや講演など人の話を聞いて学ぶことも多いですが、こればっかりは、自分で経験しないと理解できないし、納得もできないものですね。
     
    >糖尿病の数値も気にし過ぎるとストレスになるから、テキトーに気にするだけにしてはいかがでしょう?
    >難しいか???
    ヘモグロビンA1cが、7を切ってくれたら、もう少し、ゆるりと構えられると思います。
    今のまま数値が上昇していくと、インスリンの注射を打たないといけなくなっちゃいそうなので、何とか、それは阻止したい!

  7. 関節痛、それほどひどい痛みでないようなので、良かったです。
    そうですね。
    皆さんがおっしゃるように、原因のわかっているちょっとした痛みなら、うまくつきあえるようになりましたよね。
    私は先月、ホルモン検査をしたところ、生理は止まっているのだけれど、まだ卵巣機能があるみたいで、当初の予定通りあと一年〔11月で術後4年です〕ノルバです。
    そういえば、ノルバ歴も4年になり、最近は副作用はあまり感じられない…というか慣れた気がします。
    私も大人になっているのかしら。ふふっ。
    糖尿病、手ごわいですね….。
    ウォーキング、していますか?
    寒いけど、なるべく頑張って下さい!
    私もなるべく、頑張ります♪

  8. 長坂さん、こんばんは!!
    ホットフラッシュや関節痛…副作用は無いに越したほうがいいですが、なかなかそうもいきませんね。
    >気持ちが高ぶったり、焦って何かをしたりすると、ドバッと大量の汗が出ます。かっこわるいです。(^^;)
    その気持ち良く良く分かりますよ。
    電車の中でみなさんが涼しそうな(寒そうな)顔をされているのに一人汗を流してタオルで拭いていると恥ずかしくて…(^_^;)
    ホットフラッシュが起こった最初の頃は「また汗やっ!!(―_―;)」って、すごく敏感になっていたと思います。
    3月で術後4年を向かえる今は、「今出るか~??(^_^;)」なんて随分受けとめ方が変わっている自分にビックリしています。
    時間と共に自分も強くなっているんですね。慣れもあるのでしょうが…。
    寒くなって腕の重だるさやしびれもありますが、上手く付き合っていきたいと思っています。
    糖尿病の数値が良くなりますように!!かぜにはご注意下さいね~(^0^)/

  9. ●まるたんさん
    こんにちは、長坂です。
    ありがとうございます。
     
    >そうですね。
    >皆さんがおっしゃるように、原因のわかっているちょっとした痛みなら、うまくつきあえるようになりましたよね。
    そう、そこ大事。
    「原因が分かっている痛み」なら上手くつきあえる、ってところね。
     
    >私は先月、ホルモン検査をしたところ、生理は止まっているのだけれど、まだ卵巣機能があるみたいで、当初の予定通りあと一年〔11月で術後4年です〕ノルバです。
     
    ホルモン検査っていうのがあるのですか?
    知りませんでした。
     
    >糖尿病、手ごわいですね….。
    >ウォーキング、していますか?
    お腹の痛みがなくなったので、ウォーキング再開したんですが、週に1回ぐらいしか歩けていないのでダメですね。
    週に3回ぐらいは歩かないとね。(^^;)

  10. ★naopooh10さん
    こんにちは!長坂です。
    コメントありがとうございます。
     
    >>気持ちが高ぶったり、焦って何かをしたりすると、ドバッと大量の汗が出ます。かっこわるいです。(^^;)
     
    >その気持ち良く良く分かりますよ。
    >電車の中でみなさんが涼しそうな(寒そうな)顔をされているのに一人汗を流してタオルで拭いていると恥ずかしくて…(^_^;)
     
    7月にディペックス・ジャパンのシンポジウムに来てくださったとき、冷房がガンガンにかかっていたホールなのに、naopooh10さんが汗をふきふきしていた理由が、心底分かるようになりました。(^^;)
    9月にアロマターゼ阻害薬を飲み始め、残暑、秋が過ぎ、冬になっても、時々、急に暑くなって汗が出てくるので、自分にホットフラッシュってやつがやってきたと自覚しました。
     
    >3月で術後4年を向かえる今は、「今出るか~??(^_^;)」なんて随分受けとめ方が変わっている自分にビックリしています。
    >時間と共に自分も強くなっているんですね。慣れもあるのでしょうが…。
    そうでしょうね。きっと。
    ホットフラッシュの先輩。(*^_^*)

  11. 乳がんの手術をしました。
    ホルモン治療としてフェマーラを服用しました。
    関節痛が酷く、腕が動かなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です