右おっぱいに針生検

右胸のシコリの正体をあきらかにするために、胸に太めの針を刺し胸の中の組織を採り、病理検査をする。

医師からは「細胞を採る」と言われたように記憶しているが、こちらの乳がん診断情報を見ると、自分が受けた検査は「針生検(Core needle biopsy:CNB)」のようだ。

右胸のシコリに正確に針を刺すために、エコーで胸を映しながら位置を決めるようだ。

Cnb1

Cnb2

麻酔注射、消毒脱脂綿などが準備されている。
一番右から2つ目、枕の横にあるのが胸に刺す太目の針。医師が持つ部分がドライバーのようになっており、その先についている太い針を操作できるようになっているみたい。

Cnb3

上着とブラジャーを取って、上半身にバスタオルをかけた状態でベッドに寝て医師を待っていたのだが、待たされそうな気配を感じたので、その間に写真を撮った。
当然だが、上半身裸で撮影している。
乳がんの検査だというのに・・・バカである(笑)。
 
 

針を刺す前に局所麻酔を打ってくれるが、今ひとつワタシには効きが悪かったようで、「ガッシャン」と組織を採られた瞬間に、胸の中の肉をギューっとつねられるような痛みに唸った。
結局、麻酔を3本打ってもらい(これ以上打つとエコーの映像が悪くなるらしい)、組織片を5片ほど採ったようだ。

Cnb4

検査の前に、若い看護師さんは「人によって痛みの度合いは違いますけど、多くの方が、それほどでもなかった、とおっしゃいますよ。大丈夫ですよ。」と励ましてくれたが、ワタシはかなり痛かった。局所的な痛みではなく、右胸全体を包むような大きな痛み。

検査後もかなり痛くて、痛み止めを処方してもらい飲んだほど。
個人差があると思うが、ワタシは、検査から約6時間ぐらいは痛みが続いた。

Cnb5

↑検査後の右おっぱい。
傷口は3ミリぐらいで小さいのだが、止血のためガーゼが強く当てられており、そのうえから白く大きな絆創膏みたいなものが貼られている。

【今日の診療費】
¥ 11,740円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です