針生検の傷跡とアザ

6月27日に右胸に針生検を行っあとの、傷跡とアザの経過を観察してみました。

針生検のことをネットで調べたら、「痛みはほとんどない」「傷跡は残らない」という説明をよく見たのだが、ワタシの場合かなり痛かったので、(痛みはほとんどないなんて違うじゃん)と思ったわけで、ってことは、傷跡も多少は残るのではないかと疑ったわけです。

医師からは事前に、場合によってはアザが出ることと、小さな傷跡ができるが、両方とも自然に消えると説明を受けました。

【針生検 当日】
当日は大きな絆創膏を貼ったままにして、入浴・シャワーを控えた。

【針生検 1日後】
朝、大きな白い絆創膏を剥がした。
入浴は控えシャワーだけにしておいた。

傷跡:太い針を刺したところに3ミリほどの赤い跡がある。切り傷とも違い、小さい穴があいているのが分かる。穴の中はまだジュクジュクした感じがする。

アザ:乳首の右横(たぶん、シコリがある場所の頭頂部だと思う)に、1センチほどの内出血の跡ができた。

【針生検 2日後】
湯船には下半身浴だけ、シャワーにしておいた。

傷跡:赤みはまだある。穴の中のジュクジュクはまだあるが少し乾いてきた感じ。

アザ:内出血の跡の紫色は8割ひいて、そのかわり、黄色のアザになってきた。

【針生検 3日後】
湯船には下半身浴だけ、シャワーにしておいた。

傷跡:赤みはまだあるが、穴の中のジュクジュクはほとんど気にならなくなってきた。

アザ:紫色はほとんど消えたが、黄色のアザが大きくなり直径3センチほどになった。

【針生検 4日後】
4日後から入浴は、ふつうの入浴に戻した。

傷跡:穴の中のジュクジュクは完全に乾燥し、擦り傷がカサブタに変わる寸前のような様子。

アザ:直径3センチほどの黄色のアザ。黄色の色が濃くなった。

【針生検 5日後】
傷跡:穴は塞がった。虫に喰われた跡のよう。

アザ:直径2センチほどに小さくなった。黄色の色がようやく薄くなった。

【針生検 6日後】
傷跡:2ミリぐらいの虫に喰われた跡はまだある。

アザ:黄色の色がさらに薄くなり、遠目からは分からなくなった。

【針生検 7日後】
傷跡:2ミリぐらいの虫に喰われた跡はまだある。

アザ:完全に消えた。

「針生検の傷跡とアザ」への2件のフィードバック

    1. 通行人さん、こんにちは。長坂です。

      婦人科系はほんとツライですよね。
      これだけ医学・医療系ビジネスが進化して、ダビンチみたいな手術ロボットもあるのだから、婦人科系のあの検査の仕方の画期的な新しい方法が開発されてもいいのになあ、と妄想しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です