ハーセプチン12回終了、残りあと5回。やっと終わりが見えた。

今月、分子標的治療薬ハーセプチンの点滴12回目が終わりました。

今年の1月から全17回の予定で始まった、ドセタキセル4回+ハーセプチン17回も残り5回。

やっと片手で指折り数えられるようになり、すっごくホッとしています。

自毛もだいぶ生えてきました。

最初は黒髪が生えてきたのだけど、だんだん白髪が増えてきました。

1年間も化学治療やるなんて、恐れおののいていましたが・・・

昨年秋に再発のため全摘手術をして、今年2020年1月から始まった化学治療。

主治医から「3週間に1回点滴するのを全部で17回」と聞いたときは、「えーー!17回?7回じゃなくて17回?」と聞き直したのを覚えています。

3週間に1回の点滴を17回ってことは51週。ほぼ1年!!!

1年間も点滴しに通院できるだろうか?とか、
体力が持つのかなあ?とか、
お金はどれぐらいかかるのだろうか?とか、
仕事との両立ができるのかなあ?とか、色々いろいろ考えてしまいました。

でも、お陰様で残りあと5回。片手で数えられる回数を残すのみとなり、カウントダウンができるところまできました。

すっごく遠い先に思えた17回目も、もうすぐそこ。

出来そうに思えないことも、コツコツやり続ければ終わりはやってきてくれる、ということですね。もう少しです。

点滴する腕はもう限界に近いです。(^^;)

あと残り5回を残すのみとなりましたが、変わらずに困っているのは点滴針を刺す腕の血管が、もう限界に近いことです。

右乳がんでリンパ節を郭清手術して取っているので右腕が使えず、13年前からずっと左腕でしか点滴やができません。

13年前の抗がん剤治療で血管炎をおこしているし、同じところを使い過ぎているので、血管の壁が堅くなったり、埋もれてしまったりで、すんなりと点滴の針が通らないのです。同病の患者さんに共通する悩みですよね。

今回は、腕で3箇所にトライしたのですがダメで、手の甲にしか刺せませんでした。

1時間ぐらいで終わるハーセプチンだから手の甲でもできたけど、抗がん剤だったら手の甲は使えないので困ったものです。

ちなみに、看護師さんに「腕もダメ、手の甲もダメになったらどうするのですか?」と聞いてみました。
そういうときは、次に足、足でもダメな場合は鼠径部でやるのだそうです。

あと5回。なんとか左腕にがんばってもらいたいです。

海岸散歩


気持ちがウツウツとしていたときは、海岸散歩もあまりできなかったのですが、先月からやっと復活できました。

自宅から歩いて5分ぐらいで行ける海岸。
左を見ると江ノ島が見えます。

右の奥に見えるのは、えぼし岩。

サーファーさんがちょうど波に乗る瞬間を撮ることができました。

マイナスイオンたっぷり吸って、あともう少し、がんばります!!

——-◆————–

がん治療生活ケア用品専門店「キャンライフ」からのお知らせです。

免疫力アップ、毎朝の習慣に「人参ジュース定期便」が好評です。
私も毎日毎朝欠かさず飲んでいます。

初めての方用の人参ジュースお試しセットあります。
飲みきりサイズ350ml×2本セット、全国どこでも送料無料 ¥1,280
(沖縄・離島は除く)

お試しセットは↓こちらをクリックどうぞ。
にんじんジュースお試しセット


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
ポチッと↓↓↓クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

「ハーセプチン12回終了、残りあと5回。やっと終わりが見えた。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です