2019年楽しく元気にスタートできたと思ってたら、39度の発熱、インフルエンザA発症だなんて。トホホ

いやあ、まいりました。
「なんか、喉がイガイガするなあ。風邪っぽいから気をつけよう」と思って、いつもより早寝した翌朝。

朝目覚めてすぐ、体がとんでもなく熱くてだるくてオカシイと思い熱を計ったら、なんと39.1度。

体がだるくて苦しかったけど、がんばって近所のかかりつけ医に行きました。
「インフルエンザかもしれないから検査しましょうね」と言われて、鼻の中に棒をグリグリ突っ込まれました。

検査の結果は陰性。インフルエンザの反応は出ていないとのこと。
でも先生が「発症して時間が経っていないと検査結果に出ないことがある。明日になっても熱が下がらず38度以上あるようなら、明日もう一度通院してください」とおっしゃいます。

次の日もまだ38度以上あったので、もう一度通院しましたら、今度は検査結果が陽性。インフルエンザAが確定しました。

「A」のところに赤い線がでているのが、その証拠らしいです。

ちなみに、この検査キットみたいなやつは、容器に入れられていて直接触れられないようにしてありました。

初めてインフルエンザに罹ってしまいました。

風邪の場合だと引き始めの期間が2~3日あって、そのあと症状がひどくなって、治るというサイクルじゃないですか。

それがインフルエンザって、急にドカン!ってくるんですね。驚きました。

水曜日に高熱を発熱して、水木金の3日間は眠り続けて休みましたら、熱は下がり平熱近くまで戻りました。発症3日目の今日も治らないのが、痰と咳、胸の熱さ、体のだるさ。
体が一生懸命にウィルスをやっつけて、体外に出そうとしているのでしょうね。

発症して5日ぐらいは隔離ということで、もうしばらく家にとじこもって軟禁状態です。

———————–

インフルエンザになんて、なってしまいましたけどね、
2019年、今年はね、とてもいいスタートが切れていたのです。

お天気の良いお正月でしたよね。

元旦の茅ヶ崎・浜須賀海岸~辻堂海岸あたり。凧揚げしている親子に癒やされました。

1月2日~3日は、茅ヶ崎に越してきてからの恒例、箱根駅伝の応援。

この距離で応援できるのは有り難いなあ。

選手が目の前を走るときには、大学名を大きな声で叫びます。
「トーキョーコクサーイ!!」

 

集団で駆け抜けて行く様は迫力があります。

実際の選手達はとても早いので、目の前を一瞬で走り抜けて行きます。

こんなにいっぱいだと、1~2校しか言えない。ユニホーム見てすぐわかる大学名を叫びます。「ニチダーイ!」「ワセダー!」

テレビに一瞬でも映り込んだら面白いなと思って、赤いニット帽子かぶってカメラを何度か見つめたのだけど映ってなかったなあ。一瞬惜しいのはありましたので、来年もがんばります!

 

気持ちの良いお正月を過ごして、
1月5日には、認定NPO 健康と病いの語りディペックス・ジャパンで、TOCセミナーを開催して仕事はじめ。

2019年は、「体力強化」と「自分改革」がテーマなので、毎朝いままでより1時間早く起きて、海岸ウォーキングをはじめました。

茅ヶ崎・浜須賀海岸~辻堂海岸あたりから見ると、
朝日は江ノ島の方から登り、夕日は茅ヶ崎の烏帽子岩の向こうに沈んでいきます。

 

というような、元気な新年を迎えて2週間。
さあ、ここから2019年本番と思ったら、インフルエンザで1週間やすみ。

トホホな感じではありますが、
肩の力を抜きなさい、と神様に言われたのかな。

2019年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

——————

がん治療生活ケア用品専門店「キャンライフ」では
1/18(金)から1/24(木)まで、
患者さんweekポイント7倍キャンペーン開催中です。

ご検討中のお品物がありましたら、お得に賢くご利用ください。

 


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
ポチッと↓↓↓クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です