ヘモグロビンA1cが少し下がったので糖尿病の薬フォシーガをやめてみる。かゆみはフォシーガの副作用か?

内科・糖尿病の診察に行ってきました。

ヘモグロビンA1cの値がずっと「7」を切れないでいたのですが、夏から少し気合いを入れて食事改善に取り組んだ結果、やっと7を切ることができました!

ヘモグロビンA1c「6.7」
超嬉しい!
久しぶりの7以下。
空腹時血糖値も「125」。私にしてはとても低いです。

何を改善したかというと、

第一に、間食をしない。
スイーツ、スナック菓子、ポテチ、おせんべいなどの誘惑に負けない。
第二に、小麦粉系の食べ物を控える。
特に大好きなパスタ、うどんを。
第三に、夕食は炭水化物を控える。(朝、昼はOK)

ということを、8月から心がけて、週末は少し許すという約80%の達成率でがんばったところ、ちゃんと結果がでました。嬉しい。

やっぱり、体は食べた物でできている。ということですね。

—————–

検査結果の話がひととおり終わった後、内科の先生に、最近の困りごとを話してみました。

それは・・・
実は、少し恥ずかしい話なんですが、
今年の春ぐらいから、外陰部が痒くなったり痛くなったりしはじめたのです。
ずっとじゃなくて、痛痒くなっては治り、また痛痒くなって治りを繰り返す感じ。

いつまでたってもスッキリしないので、婦人科に行って診てもらったところ、外陰カンジダだったことがわかりまして、お薬もらって、その後1週間ぐらいで治ったので安心していました。

ところが、またしばらくして外陰部が痛痒くなったので、カンジダが再発してしまったか?と思って婦人科受診したのですが、今度は検査の結果、カンジダではなかったのです。

外陰部のただれ炎症ということで、リンデロンというステロイド剤塗り薬を処方してもらい、塗ったら2~3日でスッキリ良くなりました。

でもまたしばらくすると、外陰部が痛痒くなり、リンデロンを塗ると治るというのを繰り返すのです。

婦人科の先生には、「オカシイねえ。これ以上、ステロイド剤を続けてもよくないなあ。また続くようなら婦人科じゃなくて、皮膚科に行った方がいい。」と言われて困っていました。

 

という話を、内科の先生に話して、「糖尿病のせいでしょうか?糖尿病の薬の副作用ってことはありますか?」と聞いてみたところ、

『それは、あり得ます。フォシーガの副作用かもしれない。糖が尿と一緒に出るから感染症を起こしやすい。』とのこと。

あ、そうか!
なんで、気がつかなかったのだろう?!
婦人科系の病気ばかり疑ってしまっていて、糖尿病のほうに気が回りませんでした。

ということで、フォシーガの服用を中止して、そのかわりメトグルコを2錠に増やして様子をみてみることになりました。

フォシーガをやめてどうなるか?
外陰部のかゆみ痛みが治るか?
治れば、外陰部のかゆみ痛みはフォシーガの副作用だったいうことになりますね。
その後の経過はまたしばらく様子をみてから書きますね。

外陰部のことをブログに書こうか書くまいか、
恥ずかしいからね、迷ったのですが、
同じように困っている人がいるかもしれないと思い、
思い切って書いてみました。

せっかく下がったヘモグロビンA1cがまた上がらなければいいのだけど。。。
糖尿病はやっかいです。

 

———————

私が入院・手術したときは、昭和レトロな病室・病棟だったけど、新病棟の工事が進んで、通院で行く度にどこかが変わっています。

通院のとき一番イヤだったトイレの待ちがなくなったのは嬉しい。

正面入り口までの通路は前と変わってない。
季節のお花がいつも咲いていて好きです。

------------

がん治療生活ケア用品専門店「キャンライフ」からのお知らせです。

免疫力を上げる毎朝の習慣に「にんじんジュース定期便」が好評です。
私も毎日毎朝欠かさず飲んでいます。
初めての方用のにんじんジュースお試しセットあります。
飲みきりサイズ350ml×2本セット、全国どこでも送料無料 ¥1,280

お試しセットは↓こちらをクリックどうぞ。
にんじんジュースお試しセット

 


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
コツコツ楽しくがんばります!

「ヘモグロビンA1cが少し下がったので糖尿病の薬フォシーガをやめてみる。かゆみはフォシーガの副作用か?」への4件のフィードバック

  1. こんにちは!由佳さん!
    ヘモグロビンA1c、空腹時血糖値の数値が下がってなによりです\(^o^)/
    やはり食べ物、大事ですねー。
    ついつい忘れて好きなもの、手軽なものばかり食べてしまいますよね。
    私は骨密度がギリギリなので、今、カルシウム系を意識してます。

    外陰部の痒み!わかります!
    私も婦人科に行きました。
    特にカンジタとかではないと言われて、オイラックス軟膏をもらました。
    治ったと思うとまたしばらくして痒みが出たりで、、
    婦人科に行くのも、またあの診察台にのるのが嫌で、フェミーナ軟膏という市販の薬を使いました。
    先生いわく、菌はだれにもあるから、疲れたり、抵抗力かなかったり、年齢的にもあると言われました。。( ;∀;)
    なんでしょうね。なんでもないときは全然なんでもないのに、痒くなるとすごく痒くなりませんか?
    私は昼間はほとんどありませんが、夜
    寝る前とかがたまにあります。。
    由佳さんはどうでしょうか。

  2. ●まるたんさん

    こんにちは!長坂です。コメントありがとうございます!

    >ヘモグロビンA1c、空腹時血糖値の数値が下がってなによりです\(^o^)/
    >やはり食べ物、大事ですねー。
    ありがとうございます。
    そう、やっぱりね、運動も大事だけど、第一は食べ物ですね。

    >外陰部の痒み!わかります!
    >私も婦人科に行きました。
    わかってくれる人がいて良かったあ。
    こんなこと書くの恥ずかしいなあ、やめようかなとも思ったのだけど、
    書きにくいことだからこそ、同じように困っている人がいるかも~と思って書いてみました。

    >婦人科に行くのも、またあの診察台にのるのが嫌で、フェミーナ軟膏という市販の薬を使いました。
    >先生いわく、菌はだれにもあるから、疲れたり、抵抗力かなかったり、年齢的にもあると言われました。。( ;∀;)

    そうそう、それ。私も私も。
    なんとかして診察台に乗らないで済む方法を考えて、婦人科に行く前にね、フェミーナ軟膏を試してみましたよ。一瞬はかゆみが止まるのだけど、またすぐ発症して、逆にひどくなるような感じだったのでやめてあきらめて婦人科に行きました。
    やっぱり、みんな、そう思うよね~。

    >なんでしょうね。なんでもないときは全然なんでもないのに、痒くなるとすごく痒くなりませんか?
    >私は昼間はほとんどありませんが、夜
    >寝る前とかがたまにあります。。
    >由佳さんはどうでしょうか。

    そう、だいたい同じ!
    温まるとかゆみの症状が出やすいのかなあ?と思ったり。

  3. こんにちは。長坂さん

    私も数か月前から、排尿時に外陰部の痛みが少しありまして、
    かゆみがないので、そのまま様子を見ていたのですが、
    ちょうど、先月、子宮頸がんの検査があったので、婦人科の先生に相談し、診断してもらいました。
    その結果、更年期の人がよくなる女性ホルモンの影響による膣の萎縮によるものだと言われました。
    (私はタモキシフェンの薬の影響で更年期の状態になっているからだと・・・)
    エストロゲンの低下で、外陰部が乾燥し、痛みやかゆみが出るとのことでした。
    私は治療として、お風呂上りにアズノールの軟膏を一週間ほど塗りました。
    その後、痛みはなくなりました。

    長坂さんは何が原因なんでしょうかね???
    早く原因がわかり、よくなることを祈ります。

    1. ◆Mikkyさん

      こんにちは!長坂です。
      コメントありがとうございます。
      コメントいただいていたのに気づくのが遅くなりました。ごめんなさい。
      (システムが変わってからなんかコメント欄の調子悪くて)m(_ _)m

      Mikkyさんの体験を教えてくださって、ありがとうございます!

      >エストロゲンの低下で、外陰部が乾燥し、痛みやかゆみが出るとのことでした。
      なるほど!ですね。
      女性ホルモンが影響しているのかなあ。確かにそうですね。
      特に、薬で女性ホルモンをコントロールしているとそうなりやすいでしょうね。

      >長坂さんは何が原因なんでしょうかね???
      >早く原因がわかり、よくなることを祈ります。
      ありがとうございます。
      まだ様子をみている最中ですが、8割は糖尿病の薬「フォシーガ」の副作用だと思います。
      フォシーガをやめてからは痒みや痛みが激減しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です