乳腺外科へ外来初診

6月20日(水)午前9時30分。慶應義塾大学病院。

最後に来たのは2年前。もう来ることがないようにと思ったのにな。

Keio

今から7年前、会社の健康診断で子宮頸癌の超初期が見つかり、ここで手術した。
運良く0期で見つかったので患部だけのレーザー切除で済み、その後の5年間、経過観察に通った。

最後の受診から2年が経っているので、初診だ。
子宮頸癌は婦人科だったけど、胸は外科の中の「乳腺外科」が担当。

午前10時前に初診受付を済ませたが、乳腺外科の待ち合い場所に行けたのは11時。
診察に呼ばれたのが12時。
約2時間で診察室に入れたから、慶應義塾大学病院にしたら早い方かもしれない。

若い医師から軽く問診を受けたあと、触診を受ける。

Dr:「自分で触って気がついたのですね?」

私:「はい。静電気が走るようにビリリと感じて、シコリに気がつきました。シコリ、右にありますよね?」

Dr:「はい、ありますね。右胸のシコリが何なのかはっきりさせましょう。今日すぐに検査は受けられないので、超音波(エコー)とマンモグラフィーの予約を入れましょう。その結果が出たときに、右胸に針を刺して細胞検査をするかもしれません。」

ということで、
今日は触診を受けたことと、シコリが右胸に確かにあるということだけが成果。
来週25日(月)に超音波(エコー)とマンモグラフィー検査を受け、27日(水)に結果を聞き診察をうけることになった。

【今日の診療費】
6,060円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です