7/13シンポジウムのお誘い。「病気があっても働きたい!~患者の語りが職場を変える」

病気になって仕事をやめたり、休職したり、同僚に迷惑をかけて心苦しくなったり・・・病気になると、今までと同じようには働けなくなることが多いと思います。

そういう私も、乳がんの治療中には、それまでどおりには仕事ができなくなり、約2年間もの間、休み休みになりました。それでも私は自営だったから、休み休みの働き方が許されましたが、会社勤務だといろいろと難しい局面もあっただろうなと思います。

そういったこともあり、キャンライフは、病気になっても治療と仕事が共存できるような会社にしたいと思っています。

———————-

さて話は変わって、シンポジウムのお誘いです。

私が理事を務めさせていただいているNPO法人ディベックス・ジャパンでは、「クローン病の語り」ウェブページを6/20に公開いたしました。
Webサイトはこちらです⇒ディベックス・ジャパン

24歳から59歳までの35人のクローン病患者が、病いと向き合いながら過ごす日々の生活について語っています。

クローン病とは、炎症性腸疾患のひとつで、おもに小腸、大腸に炎症が起きて腹痛や下痢といった症状がみられます。

腹痛や下痢というと、そんなの風邪ひいたり食あたりすれば誰でもなるじゃないか、と思ったら大違いで、腹痛や下痢がずっと続くのです。原因が不明で治りにくい慢性の病気で国の難病に認定されています。

慢性の病気というのは他にもたくさんありますが、このクローン病は10代から20代で発症する人が多く、就学、就労で苦労することが少なくありません。

ディベックス・ジャパンでは、7月13日(土)13時~、このウェブページの公開を記念して、クローン病を含む内部障害と呼ばれる慢性疾患を持つ人たちの就労問題について専門家による講演とパネルディスカッションを行います。

当事者の方々にご登壇いただき、それぞれの体験をお話しいただくとともに、企業側のお立場からもご参加をいただき、意見交換する予定です。

患者、家族、企業の人事・労務担当者、医療者、そしてマスメディアの方々のご参加をお待ちしております。

シンポジウムの詳細や参加申込みは、ディベックス・ジャパンのサイトをご覧ください。

当日は私も裏方手伝いしています。
受付にいるか、写真撮影係をやっているか、会場のどこかにいます。(^_^)/

 

NPO法人ディベックス・ジャパンでは、こんな感じで毎月集まり活動をしています。ご興味のある方はぜひ一度ご参加ください。

 

 


がん治療生活ケア用品専門店「キャンライフ」からのお知らせです。

免疫力アップ、毎朝の習慣に「にんじんジュース定期便」が好評です。
私も毎日毎朝欠かさず飲んでいます。

初めての方用のにんじんジュースお試しセットあります。
飲みきりサイズ350ml×2本セット、全国どこでも送料無料 ¥1,280

お試しセットは↓こちらをクリックどうぞ。
にんじんジュースお試しセット

 


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
ポチッと↓↓↓クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です