プレスリリース

報道関係者各位
プレスリリース

2013年10月28日
アンカーコム株式会社
代表取締役 長坂 由佳

入院用前開きパジャマ(胸パッドつき)をパジャマ専門店と共同開発・販売開始

がん患者の治療生活ケア用品専門店「キャンライフ」(本社:東京都渋谷区、代表取締役:長坂由佳)は、入院中に最適な前開きレディースパジャマ「PAJAMADONNA」をパジャマ専門店「パジャマ屋」(本社:神奈川県相模原市、代表取締役:熊坂雅之)と共同開発し、10月28日より販売開始いたしました。

URL: https://www.canlife.jp/

 

————————————————————-

入院用前開きパジャマとは

患者は、入院中24時間ずっとパジャマを着ています。

採血するとき、点滴されているとき、寝ている時、手術後で安静にしているとき、看護師さんに着替えさせてもらうとき、手術後の痛さに耐えてリハビリするとき、トイレに行くとき、売店にいくとき・・・。

入院患者はずっとパジャマを着ています。
だから、入院中のパジャマはとても大切です。

キャンライフの代表、長坂自身が5度の入院・手術経験で感じた「こういうパジャマがあったらいいのに・・・」を基に、手術・入院経験者の声を集め、入院中のストレスを少しでも軽減できるように患者視点の入院用前開きパジャマをつくりました。

————————————————————-

入院用前開きパジャマの機能

入院・手術経験者だからこそわかる「一工夫あると入院ストレスに差が出る機能」を全て実現しました。
https://www.canlife.jp/fs/cancer/pajama/nyuinpajama

(1)ノーブラでも大丈夫な胸パッドがついている

(2)点滴するとき余裕の袖口幅

(3)体が不自由なときの寝返りがつっかえないストレッチ性

(4)小銭・スマホ・ナプキンが入る大きめポケット2つ

(5)手術創(傷)の真上に重ならない股上

(6)寝たまま裾を上げられるズボン裾幅

(7)体のラインが出にくいスタイル

 

————————————————————-

■パジャマ専門店「パジャマ屋」との共同開発

自信をもっておすすめできるパジャマをつくるため、パジャマ専門店「パジャマ屋」と共同開発をいたしました。
パジャマ専門店ならではの技術と経験を凝縮し、機能だけではなく着心地にもこだわったパジャマに仕上がりました。

パジャマ専門店「パジャマ屋」

(1)ガーゼ生地を2重に

(2)寝返りが突っ張らない横方向に伸縮

(3)裏側の縫い代は袋縫い

(4)締めつけない2本ゴム、ウエスト調節ヒモ付き

(5)ズボンの前後がすぐわかる

(6)テーラード衿で温度調節

 

————————————————————-

入院用前開きパジャマ「PAJAMADONNA」の仕様

商品名:
入院用前開きパジャマ

商品ページ:
https://www.canlife.jp/fs/cancer/pajama/nyuinpajama

定価:
12,000円(税別)、12,600円(税込)

販売開始記念価格:
9,500円(税別)、9,975円(税込)

素 材: 綿96%、ポリウレタン4%、二重ガーゼストレッチ

カラー: ピンク、グリーン、ブラウン

サイズ: S、M、L

————————————————————-

プレスリリース一覧へ戻る