ディペックス・ジャパンの総会記念シンポジウムは無事閉幕。ありがとうございました。垣添忠生先生は素晴しい。。

先週土曜日、7月21日

NPO法人 健康と病いの語りディペックス・ジャパンの

総会記念シンポジウムには、たくさんの方にご来場いただきまして、

ありがとうございます!

 

このブログ読者のnaophoo10さんには

京都から駆けつけていただいて、お目にかかることもできまして、

とっても嬉しかったです。

 

私もあきるーさんも秦さんも裏方仕事があって、

ゆっくりとお話しはできませんでしたが、

でも直接会って、雰囲気が分かってとても嬉しかったです。(^_^)

 

シンポジウムでは、

国立がんセンター名誉総長の垣添忠生先生の講演、

澤田さんの前立腺がんウェブページの完成報告、

前立腺がん経験談を語ってくださったご本人&垣添先生を交えたパネルディスカッション、

どれも、それぞれに感じるところがあり、とても良かったです。

 

垣添先生のご講演は素晴しいですね。

20120721_kakizoe

レジュメの枚数がとても多かったので、

持ち時間60分で話しきれるのだろうかと心配していましたが、杞憂でした。

 

お話し慣れておられるのと、

70才とは思えない切れの良いお話しっぷり、

ところどころに入る気分転換のスライドとユーモア、

あっという間に60分が過ぎました。

 

講演テーマは、「がんと人間と社会」

・がんとはどういう病気か?

・がんの予防と検診

・がんの診断と治療

・人が生きること、死ぬこと

・わが国のがん対策

 

がんのことを詳しく知らない人にも分かるように、

がんのポイントを短い時間で話すのは、簡単そうで実はとても難しいですよね。

 

がん治療の最前線で40年以上、治療と研究をされてきた

経験と自信に満ちたお話っぷりで、

パネルディスカッションでも、ハッキリと胸のすくような回答をされて、

ミーハーな私は、すっかりファンになってしまいました。(^_^)

 

————————————————

 

さてと、

卵巣内膜症性嚢胞の手術・入院の件。

7月ちゅうの予定だったのですが、病院からお呼びの電話がかかってきません。

いくらなんでもおかしい。

病院に問合せしてみたところ、なんと、

主治医の話と、入院担当者の話が食い違っていることが判明。(;_;)

 

主治医は、遅くとも7月中には。。。と言っていたのに、

入院担当者は、早くても9月頃。。。と言うじゃありませんか!

なにーー?!?!

 

いったい、どうなっているのでしょう?

明日、内科の外来があるので、ついでに確認してきます。

いくら良性腫瘍で緊急性がないとはいえ、あんまりだわん。

もういい加減、座薬とはおさらばしたいよ~ん。

こういうときに限って生理が来て激痛に襲われるのよねぇ。

これ以上ダラダラ待たされるようなら、病院変えることも考えなきゃねえ。

 

 


 

ランキング参加してみました。クリック応援おねがいします!m(_ _)m

    にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ    人気ブログランキングへ

 

 

 

 

「ディペックス・ジャパンの総会記念シンポジウムは無事閉幕。ありがとうございました。垣添忠生先生は素晴しい。。」への10件のフィードバック

  1. 垣添先生のお話は本当に分かりやすくて良かったですね。
    私もファンになりました。naophoo10さんにもお会いできてうれしかった!!
    京都からわざわざありがとう!!
    手術の件はひどいですね。
    主治医の言うことの方が優先されるべきだと思うけれど・・・・
    もっと早く問い合わせをすればよかったかもしれませんねぇ。
    なんとか早くしてもらうように訴えましょう!!

  2. 由佳さん
    お疲れさまでした

    入院の件、ビックリですね!
    婦人科の手術数かとても多いことは、雑誌(新潮だったかな?)にも載っていましたが・・・。
    だからって、2ヶ月も違ってますねぇ。
    この真夏日の中で、生理の激痛はたまりませんよ!
    早く、決着がつきます様に。

  3. シンポジウム、お疲れ様でした♪
    いい会でしたね。
    そして手術の件、・・・ひどいですね。患者さん側だって、毎日社会生活を送っているわけで、つまり、都合があるわけで、
    そのためにスケジュール調整されてたわけだし。。ん~。
    手違いなのかもしれないですが、いい形で、解決しますように。

  4. 垣添先生のお話、伺いたかったです。先日のブログで講演のことを知りましたが、残念ながら21日は先約が入っていたので…。ご紹介くださっている先生のご著書を読んでみたいと思います。
    入院の件は、びっくりですね。2か月って意外と長いもの。そして手術などの処置を待つ2か月って、その間、自分の病がどれだけ変化するか心配な期間だったりもしますよね。そういう気持ちも医療従事者の方にはぜひ知っていただきたいなぁと思いました。
    この待機期間中、長坂さんの体調が少しでも穏やかでありますように…。

  5. 長坂さん!! おはようございます
    先日はありがとうございましたm(__)m
    あきるーさん、秦さんもお会いできて嬉しかったです
    垣添先生のお話すごく良かったですね〜
    1時間飽きさせる事無く話をされるのは流石ですね!!
    入院の件、とんでもない話になっていたんですね早く話がつきますように〜(^-^)/

  6. ●あきるーさん
    こんにちは!長坂です。
    >手術の件はひどいですね。
    >主治医の言うことの方が優先されるべきだと思うけれど・・・・
    >もっと早く問い合わせをすればよかったかもしれませんねぇ。
    あきるーさんが、「電話して問合せしてみなさいよ」って
    言ってくれたので、あ、そうか~と思って電話してみて良かったです。
    言われなかったら、ボヤ~ンと待っていたかも。。。(^^;)

  7. ★jasminさん
    こんにちは、長坂です。
    ありがとうございます。
    >婦人科の手術数かとても多いことは、雑誌(新潮だったかな?)にも載っていましたが・・・。
    >だからって、2ヶ月も違ってますねぇ。
    良性疾患の手術の場合だと、たいがいは4ヶ月~半年は待つのだそうです。
    だから、4月末に申込みして7月って言われたのは早いほうだそうです。
    でもそれは、良性でも痛みが強いなどの理由があっての主治医の判断なので、一律で半年待ちって入院担当者が言うのはおかしいですよね。
    あと1ヶ月の待機。
    夏を楽しむことにします!(^_^)

  8. ◆せとやまさん
    こんにちは!長坂です。
    ありがとうございます!!
    >そして手術の件、・・・ひどいですね。
    >患者さん側だって、毎日社会生活を送っているわけで、つまり、都合があるわけで、
    >そのためにスケジュール調整されてたわけだし。。ん~。
    ほんと。(^^;)
    大学病院って、良性疾患は軽く扱う雰囲気があるような気がします。
    こういうとき、
    聖路加に行ってたら良かったなぁって思います。

  9. ▼YHKONAKAさん
    こんにちは!!長坂です。
    今日も暑いですね。(^_^)
     
    >垣添先生のお話、伺いたかったです。
    >先日のブログで講演のことを知りましたが、残念ながら21日は先約が入っていたので…。
    そうでしたか~。
    それは失礼しました。
    今度のときには、もっと早くお知らせするようにします。
    詳細が決まらなくても、概要と日時が決まったらお知らせしなくちゃね。
     
    待機はあと1ヶ月で済みそうです。
    ありがとうございます!

  10. ◎naopooh10さん
    こんにちは!長坂です。
    コメントありがとうございます!!
    梅雨があけてからというもの、東京は毎日暑い日が続いています。
    でもきっと、京都の暑さには負けるでしょう。(^^;)

jasmin へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です