国立がんセンター名誉総長、垣添忠生さんの講演は7/21(土)お申込み受付中。著書「妻を看取る日」を読んで。。。

今週の土曜日、7月21日、午後1時から、浜離宮朝日ホール・小ホールにて、

NPO法人 健康と病いの語りディペックス・ジャパンでは、

総会記念シンポジウムを開催します。

 

シンポジウムタイトルは、

がんを生き 病いを語る
患者の語りがもたらすもの ~前立腺がんの語りから~

 

ディペックス・ジャパンが、がん患者の体験談・語りデータベースの構築に着手して今年で丸5年。

乳がん患者約50名の語りウェブページに加え、

前立腺がん患者約50名の語りウェブページも完成しました。

 

これを記念して、泌尿器科・国立がんセンター名誉総長でもあり、
がんを患う最愛の奥様を支えられご自宅で看取られた、垣添忠生さんをお招きして、
「がんと人間と社会」をテーマにお話しいただきます。

20120718_dipex

まだお席に余裕がありますので、どうぞいらしてください。

垣添先生の生の講演を聞ける機会は、そうはありませんので、ぜひ!

 

また、垣添先生の講演の次には、

前立腺がん患者で、語りにご協力くださったお二方にご登壇いただき、

お話しをうかがいます。

 

 

当日まで予定が決まらない方、たぶん、当日ドタ参加されても

大丈夫ですので、ぜひいらしてください。(^_^)

 

私も、入院さえしていなければ・・・

明日、木曜日まで、病院からお呼びの電話がこなければ、

今週中の入院はないはずなので、

そうしたら、もちろん裏方参加して、たぶん、写真撮影を担当していると思います。(^_^)

 

——————————————-

ご講演いただく垣添先生のこと、

私はつい最近まで(今回のシンポジウムの企画が決まるまで)、

存じ上げなくて、やっと著書を拝読させていただきました。

 

20120718_kakizoetadao

ラジオやテレビで大反響、話題になった理由が分かりました。

 

本の裏表紙には、こう書かれいます。

『駆け落ちまでした恋女房と40年、やっとのんびりできると思った定年間近。

リンゴの種ほどの影が妻を襲う。

がんは猛烈な勢いで命を奪っていった。

がんの専門医でありながら最愛の人を救えなかった無力感と喪失感

---著者は酒に溺れ、うつ状態に陥り、ついには自死まで考えるようになる。

その絶望の淵から医師はいかにして立ち直ったのか、

心の軌跡を赤裸々に綴った慟哭と再生の体験記。』

 

媒体こそ違いますが、

垣添先生の病いの語りであり、人生の語りですね。

 

奥様をどれほど慈しんで愛しておられたか、痛いほど感じます。

新人医師が、勤め先の病院の入院患者、しかも12才年上の既婚女性にぞっこん惚れて、駆け落ちして結婚。って、どれだけ情熱的なんでしょう!

日本のがん治療の、いわゆるトップにいて、最愛の奥様をがんで亡くされる、その辛さがどれほどだったか。

 

そんなドラマチックで過酷な経験をされた垣添先生が、

ご自分の体験を書籍にされ、

また、こうやってたくさんの人に向けてお話しをされる。

自分の経験を自分で語る。

それは、聞く人に勇気や励ましや慰めや助けを与えますが、

垣添先生ご自身にも、大きな何かを、もたらしているのではないかと、

そんなことを考えながら、

垣添先生の生のお話しを聞きたいです。

 

 

入院は来週からになりますように!(祈)

 

 


 

ランキング参加してみました。クリック応援おねがいします!m(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ    人気ブログランキングへ

 

 

「国立がんセンター名誉総長、垣添忠生さんの講演は7/21(土)お申込み受付中。著書「妻を看取る日」を読んで。。。」への6件のフィードバック

  1. 長坂さん、こんばんは!!
    放射線治療でリンパ浮腫のなるリスクがあるなんて初めて聞きました!!
    これからは私も気を付けたいと思います。
    垣添忠生さん、少しだけしか書かれたものを読んでいませんがお話を聞いてみたいと感じました。
    なんだか「良い人…。」に思えました(*^_^*)
    長坂さんにお会い出来るといいのにな~と思っております。(^_^;)

  2. 由佳さん
    病院からの連絡はいかがですか?
    21日は予定が入っていて
    由佳さん、垣添先生にお目にかかれなくて残念です。
    さっそく、新潮社のサイトで垣添先生の本を購入しました。
    届くのが楽しみです。
    ところで、リンパ浮腫の件
    私は両側乳がんなので、両脇のセンチネルリンパ節生検をしています。
    左側はまったく違和感がないのに、右側はピリピリしたり物が挟まったような感じがしたり。
    最初から気になっていて・・・。
    主治医の診断では「リンパ浮腫ではないよ」なんですが、心配で調べまっくっています←熱中しやすい性格
    全摘再建なんで放射線もかけていないので、気にしすぎかとも思うのですが・・・。
    二の腕内側の何ともいえない違和感は、術後3年以上なんでこれ以上の改善はないかもしれないと主治医から言われています。
    まぁ、日常生活に支障はまったくないので、ヘタにいじくりまわさない方がいいですね。
    また何か情報があったら、教えてください。
    手術、無事に終わると確信していますが、「念力」送ります!!

  3. ●Katurawithさん
    こんにちは!長坂です。
    >講演を聞きに行きたかったです。東京出張をずらしていればよかった!
    あ~、そうなんだ~。
    前後に上京される予定があるんですね。残念!
    ありがとう!

  4. ★naophoo10さん
    こんにちは!長坂です。
    ありがとうございます。
     
    >放射線治療でリンパ浮腫のなるリスクがあるなんて初めて聞きました!!
    でしょ~~。
    私も自分で本読んで勉強するまで知りませんでした。
    放射線をあてたところのリンパ節が損傷をうけることがあるからです。
    知ってしまえば、あ~なるほど、確かにそうだ、と思うのですけど、放射線治療の前の説明では、リンパのことなんて何にも言われませんよね。
    いたずらに恐がる必要はないですが、リスクがあるという事実は、患者は知っておいたほうがいいのにね。
    こういう情報不足も何とかしたいですね。
    >垣添忠生さん、少しだけしか書かれたものを読んでいませんがお話を聞いてみたいと感じました。
    私もです。
    著書についてご講演いただくわけではないので、何をお話ししてくださるのか分かりませんが、生の声を聞いてみたいです。
     
    >長坂さんにお会い出来るといいのにな~と思っております。(^_^;)
    ありがとうございます!
    まだ入院のお呼びがかからないので、行ける可能性大。(^^;)

  5. ◆jasminさん
    こんにちは!長坂です。
    ありがとうございます!
    昨日、木曜日までに入院のお呼びがかからなかったので、
    今週中の入院はないものと思われます。(^^;)
    なので、明日のシンポジウムは行けそうに思うのですが・・・
    こういうときに限って、来なくてもいい生理が来るのです。
    ドンピシャのタイミングすぎる。
    激痛。大量出血。座薬チェックイン。明日は大丈夫かなぁぁぁ、少し心配。
     
    ところで術後の違和感の件
    ピリピリしたものが挟まったような感じ、
    それ、私もまだあります!!
    術側(右側)の腋には、つねに何かが挟まったような感触です。
    1年目までは大きなタオルが挟まったような感じ。動きも悪くダメダメでした。
    2年目に少し軽くなりましたが、でもまだフェイスタオルをはさんでいるような感じ。
    3年目以降もっと軽くなりましたが、ハンドタオルをはさんでいる感じ。
    今年の夏で5周年になりますが、でもやっぱり、柔らかいハンドタオルを挟んでいる感じはなくなりません。
    ピキピキって感じるのも、かなり少なくなりましたが、
    季節の変わり目とかは回数が多くなります。
    きっとずっとこうなんだろうな、って思うようになりました。
    こんなところまで、似てますね。(^_^)

ながさか へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です