抗がん剤治療の副作用で吐き気・嘔吐があるときの嘔吐物処理容器です。洗面器で代用するより衛生的です。自宅療養にお使いください。

キャンライフTOP > 吐き気対策 嘔吐ケア > ガーグルベース<ケア> 洗浄用スポンジ付き (嘔吐物処理容器)1,000ml


ガーグルベース<ケア>洗浄用スポンジ付き(嘔吐物処理容器)1000ml
ガーグルベース<ケア>洗浄用スポンジ付き(嘔吐物処理容器)
 

吐き気が辛くて起き上がれない人も

抗がん剤治療の副作用のひとつに、吐き気があります。
吐き気がどれぐらいの強さなのか、どれぐらいの期間続くのかは個人差があり、ひとそれぞれです。副作用の軽い人はほとんど感じないという人もいますが、副作用のひどい人は、抗がん剤点滴投与後3日間、常に吐き気があり、つらくて起き上がれないという人もいらっしゃいます。


眠れない不安はありませんか?

吐き気のことが気になって、不安で眠れないということはありませんか?

・突然、吐き気に襲われたら慌ててしまいそう
・眠っている間に吐いちゃったらどうしよう
・人に迷惑をかけたらどうしよう
・布団を汚したくない
こんな不安を抱えていたら、ゆっくり眠ることもできません。


寝たまま処理できる安心設計

不安を胸に抱えている方にぐっすり眠ってほしい。
そんな気持ちからご紹介したいのが、ガーグルベース<ケア>洗浄用スポンジ付き(嘔吐物処理容器)です。嘔吐物のための専用容器。
カップ容器の縁の曲線が、頬にちょうど密着する形状になっていますので、寝たままでもこぼすことなく嘔吐物を処理できます。プラスティック製で軽くて扱いやすいのも特徴。一人でも嘔吐物を処理できるようにするための設計なのです。

【こんな方に】
・初めて抗がん剤治療(化学療法)を受ける方へ
・外来通院で抗がん剤治療(化学療法)を受ける方へ
・吐き気の副作用が心配な方へ
・吐き気が強く、辛い方へ
・日頃から胃腸に自信のない方へ

 

医療や介護の現場でのケア専用容器

プロがデザイン





ガーグルベースの使い方:枕をしたままで顔を横にした場合

ガーグルベースの使い方:枕をしたままで顔が動かない場合

ガーグルベースの使い方:枕をしたままで横向きになっている場合



 

病院で使われている実績多数

吐き気を案じて、睡眠時間を削らないでください。不安に思うのは仕方がないことですので、ガーグルベースを枕元において、少しでも気持ちを楽にしてください。

ガーグルベース(嘔吐物処理容器)は、病院でも使われている実績があります。

【ここがpoint】寝たまま処理できるような曲線の容器
カップ容器の縁の曲線が、頬にちょうど密着するようになっているので、寝たままでもこぼすことなく嘔吐物を処理できます。

【ここがpoint】飛び散らない深さ、安定感
容器が深いので嘔吐物が飛び散る心配がありません。カーブした形状なので、安定感もあります。

【ここがpoint】落としても割れないプラスチック
軽くて扱いやすいプラスチックでできています。握力の弱い人、力のない人でも手軽に扱えます。プラスチック製なので、ベッドから落としたくらいでは破損しません。

【ここがpoint】いつでも、清潔に保てます
耐熱温度が120℃なので、薬液消毒、煮沸も可能です。多くの病院で利用されている実績があります。



サイズ: 横28cm×縦21.5cm×深さ8cm
容量: 1000ml
材質: ポリプロピレン
重さ: 150g
耐熱温度: 120℃
色: ピンク

 ※洗浄用スポンジ1個付き



 

 

 
更新日:2017/5/19
●在庫あります。すぐに出荷できます。



ガーグルベース<ケア> 洗浄用スポンジ付き (嘔吐物処理容器)1,000ml

ガーグルベース<ケア> 洗浄用スポンジ付き (嘔吐物処理容器)1,000ml

おすすめ

商品番号 out05gargle2

販売価格2,000円(消費税込:2,160円)

[会員ポイント数 20ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く